ダイハツ・トールG“SA II”(FF/CVT)/トヨタ・ルーミー カスタムG-T(FF/CVT)

金脈はここにあり 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。

ソリオの牙城を崩す!?

ご存じのように軽自動車は規格でサイズが決まっていて、幅と長さはすでにいっぱいいっぱい。空間を広くするにはまだ余裕がある高さで稼ぐしかないということで、にょきにょきと背が伸びた。それでいま、軽自動車は背の高いハイトワゴンと呼ばれるタイプが主流になっている。
軽自動車以外の乗用車もミニバンやSUVなど、背の高いタイプが主流になっているから、総じて日本のクルマは高層化が進んでいる。

高層化が進むなか、いくつかの例外はあるにせよ、そこだけぽっかりと取り残された一画がコンパクトカー市場だった。
なぜコンパクトカーは背が伸びなかったのか? おそらく、多くのメーカーにとってコンパクトカーがヨーロッパ市場を向いた商品であるからだろう。向こうじゃ背の高いコンパクトカーはウケない、だからそれほど熱心に開発しなかったと推測する。

ところが「スズキ・ソリオ」が、少なくとも日本では背の高いコンパクトカーが売れることを証明した。軽自動車を除いた乗用車の2016年上期(1~6月)の販売台数を見ると、ソリオは2万4573台で16位に入っている。ちなみに「マツダ・デミオ」が3万1823台で12位、「トヨタ・ヴィッツ」が3万6771台で9位だから、ソリオは大健闘と言っていいだろう。
そこに金脈があったのか! 

という流れのなかで、ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンクという背の高いコンパクトカーが発表された。ちなみに「スバル・ジャスティ」も合わせた4兄弟で、開発はダイハツが担当した。
今回はダイハツとトヨタの合同試乗会に参加、ダイハツ・トールとトヨタ・ルーミー カスタムの2台を試した。

「ダイハツ・トール」の開発コンセプトは「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」。
「ダイハツ・トール」の開発コンセプトは「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」。
「トール」のスリーサイズは全長3700×全幅1670×全高=1735mm。
「トール」のスリーサイズは全長3700×全幅1670×全高=1735mm。
水平基調でまとめられたインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラック仕上げが施されている。
水平基調でまとめられたインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラック仕上げが施されている。
自然吸気の1リッター直3エンジンは、最高出力69ps/最大トルク9.4kgmを発生する。
自然吸気の1リッター直3エンジンは、最高出力69ps/最大トルク9.4kgmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る