ダイハツ・トールG“SA II”(FF/CVT)/トヨタ・ルーミー カスタムG-T(FF/CVT)

金脈はここにあり 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。

ソリオの牙城を崩す!?

ご存じのように軽自動車は規格でサイズが決まっていて、幅と長さはすでにいっぱいいっぱい。空間を広くするにはまだ余裕がある高さで稼ぐしかないということで、にょきにょきと背が伸びた。それでいま、軽自動車は背の高いハイトワゴンと呼ばれるタイプが主流になっている。
軽自動車以外の乗用車もミニバンやSUVなど、背の高いタイプが主流になっているから、総じて日本のクルマは高層化が進んでいる。

高層化が進むなか、いくつかの例外はあるにせよ、そこだけぽっかりと取り残された一画がコンパクトカー市場だった。
なぜコンパクトカーは背が伸びなかったのか? おそらく、多くのメーカーにとってコンパクトカーがヨーロッパ市場を向いた商品であるからだろう。向こうじゃ背の高いコンパクトカーはウケない、だからそれほど熱心に開発しなかったと推測する。

ところが「スズキ・ソリオ」が、少なくとも日本では背の高いコンパクトカーが売れることを証明した。軽自動車を除いた乗用車の2016年上期(1~6月)の販売台数を見ると、ソリオは2万4573台で16位に入っている。ちなみに「マツダ・デミオ」が3万1823台で12位、「トヨタ・ヴィッツ」が3万6771台で9位だから、ソリオは大健闘と言っていいだろう。
そこに金脈があったのか! 

という流れのなかで、ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンクという背の高いコンパクトカーが発表された。ちなみに「スバル・ジャスティ」も合わせた4兄弟で、開発はダイハツが担当した。
今回はダイハツとトヨタの合同試乗会に参加、ダイハツ・トールとトヨタ・ルーミー カスタムの2台を試した。

「ダイハツ・トール」の開発コンセプトは「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」。
「ダイハツ・トール」の開発コンセプトは「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」。
「トール」のスリーサイズは全長3700×全幅1670×全高=1735mm。
「トール」のスリーサイズは全長3700×全幅1670×全高=1735mm。
水平基調でまとめられたインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラック仕上げが施されている。
水平基調でまとめられたインストゥルメントパネルまわり。ピアノブラック仕上げが施されている。
自然吸気の1リッター直3エンジンは、最高出力69ps/最大トルク9.4kgmを発生する。
自然吸気の1リッター直3エンジンは、最高出力69ps/最大トルク9.4kgmを発生する。
関連記事
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • 「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の会場から 2016.11.10 画像・写真 2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ダイハツ・トール/トールカスタム」と、「トヨタ・タンク/ルーミー」が発売された。この姉妹車は、ダイハツが軽自動車の開発で培った技術をもって開発・製造し、トヨタはOEM供給を受けて販売する。トヨタとダイハツが共同で開催した新車発表会の様子を、写真でリポートする。CMタレントも登場!
  • ダイハツから新型小型車「トール/トールカスタム」が登場 2016.11.9 自動車ニュース ダイハツ工業は2016年11月9日、新型小型乗用車「トール」「トールカスタム」を発表し、販売を開始した。「家族とのつながり」をキーワードとして、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発されたモデルである。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV G“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記(前編)】 2012.4.19 試乗記 トヨタ・プリウスPHV G“レザーパッケージ”(FF/CVT)
    ……427万8855円

    外部からの充電機能や大容量バッテリーを備えるエコカー「トヨタ・プリウスPHV」に試乗。2回にわたるリポートの前編では、「プリウス」とは異なるその特徴を紹介する。
ホームへ戻る