「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーFリミテッド」
「スズキ・ハスラーFリミテッド」

スズキは2016年12月8日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、同日販売を開始した。

 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像
 
「スズキ・ハスラー」に特別仕様車「Fリミテッド」登場の画像

今回の特別仕様車は、自然吸気エンジンを搭載した中間グレード「G」をベースに、装備を充実させるとともに、内外装に同車専用のコーディネートを取り入れたモデルである。カーキ色の専用シート表皮や、ガンメタリック塗装のフロントバンパーガーニッシュとリヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどが採用されている。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き)
・専用色フロントリアバンパーガーニッシュ(ガンメタリック)
・専用色15インチスチールホイール(ブラックメタリック)
・電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
・フロントグリル「HUSTLER」アルファベットエンブレム(スモークメッキ)
・バックドア車名エンブレム(スモークメッキ)
・「Fリミテッド」エンブレム(左右フロントドア)
・専用色ファブリックシート表皮(カーキ)
・専用色シートパイピング(ガンメタリック)
・メッキインサイドドアハンドル
・専用フロアマット(ラバー)
・ステアリングオーディオスイッチ
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

外装色はいずれのツートンカラーで、オレンジ×黒、ホワイト×黒、イエロー×白という同車専用の組み合わせを含む全4種類のバリエーションを用意。また、通常は上級グレード「X」「Xターボ」のみに設定されるステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」もオプションで選択可能としている。

価格はFF車が140万9400円、4WD車が153万5760円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハスラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。
  • スズキ・ハスラー【開発者インタビュー】 2013.12.24 試乗記 スズキ株式会社 第一カーライン チーフエンジニア 沼澤正司(ぬまざわ まさし)さん 軽ワゴンの使い勝手にSUVの魅力をプラスした「スズキ・ハスラー」。軽クロスオーバーというユニークなクルマが誕生した経緯を、開発者に聞いた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る