ホンダ、「N-WGN/N-WGNカスタム」に装備充実の特別仕様車

2016.12.08 自動車ニュース
「ホンダN-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」
「ホンダN-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」

本田技研工業は2016年12月8日、軽乗用車「N-WGN」に特別仕様車「SS(Suzuka Special)パッケージ」を、「N-WGNカスタム」に特別仕様車「SSパッケージ」と「SS 2トーンカラースタイルパッケージ」「ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」をそれぞれ設定し、同年12月9日に発売すると発表した。

「N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」のインテリア。
「N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」のインテリア。

ベース車から装備が充実

今回の特別仕様車のベースモデルは、N-WGN SSパッケージ、N-WGNカスタムSSパッケージ、N-WGNカスタムSS 2トーンカラースタイルパッケージが「G・Lパッケージ」で、N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージが「G・ターボパッケージ」。いずれもベース車から装備の充実が図られている。

特別装備の内容は以下の通り。

【N-WGN SSパッケージ】

  • あんしんパッケージ
  • インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ホワイト)

【N-WGNカスタムSSパッケージ】

  • あんしんパッケージ
  • 常時点灯3眼メーター(ホワイト照明)
  • ホワイトイルミネーション(スライドセンタートレイ、フット<運転席/助手席>、ドリンクホルダー<運転席/助手席>)

【N-WGNカスタムSS 2トーンスタイルカラーパッケージ/ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ】

  • 2トーンカラースタイル(ルーフ&スポイラー&ドアミラー)
  • ダーククロームメッキ&ブラック塗装フロントグリル
  • ダーククロームメッキ・アウタードアハンドル
  • ダーククロームメッキ・リアライセンスガーニッシュ
  • ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
  • ブラック塗装モール付きリアバンパー
  • サイドシルガーニッシュ(ブラックフィルム加飾付き) ※ターボSSのみ
  • 14インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削+ブラッククリア塗装) ※ターボSSは15インチ
  • プライムスムース&ジャージコンビシート(レッドダブルステッチ)
  • 本革巻きステアリングホイール(レッドステッチ) ※ターボSSのみ
  • 本革巻きセレクトレバー(レッドステッチ)
  • 常時点灯3眼メーター(レッド照明)
  • レッドイルミネーション(スライドセンタートレイ、フット<運転席/助手席>、ドリンクホルダー<運転席/助手席>)
  • インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ダーククリアレッドライン付き)
  • ドアオーナメントパネル(レイヤードクリアパネル:ダーククリアレッドライン付き)
  • ピアノブラック調エアコンパネル

価格は以下の通り。

  • N-WGN SSパッケージ:126万1000円(FF)/139万1000円(4WD)
  • N-WGNカスタムSSパッケージ:149万1000円(FF)/162万1000円(4WD)
  • N-WGNカスタムSS 2トーンカラースタイルパッケージ:150万9000円(FF)/163万9000円(4WD)
  • N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ:157万4000円(FF)/170万4000円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
N-WGNN-WGNカスタムホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda S... 2017.11.2 mobileCG
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-B... 2017.9.4 試乗記