「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」

スズキは2016年12月8日、ハイトワゴンタイプのコンパクトカー「ソリオ バンディット」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像

今回の特別仕様車は、マイルドハイブリッド車の「ハイブリッドMV」をベースに、メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシート、スエード調ドアトリムクロス、ブロンズメタリックの装飾パーツなどで内外装をドレスアップしたモデルである。

装備も充実しており、後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターが備えられている。

特別装備は以下の通り。
・専用シート表皮(ラックススエード&レザー調)
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・専用インテリア加飾色(インパネアッパーガーニッシュ、ドアトリムガーニッシュ、ステアリングガーニッシュ、インパネセンターガーニッシュ、エアコンルーバーガーニッシュ<ブロンズメタリック>)
・専用ステアリング、シフトノブスイッチ(シルバーステッチ)
・後席右側ワンアクションパワースライドドア(後席左側は標準装備)
・助手席シートヒーター(FF車のみ4WD車は標準装備)
・クルーズコントロール(デュアルカメラブレーキサポート非装着車のみ、デュアルカメラブレーキサポート装着車は標準装備)

ボディーカラーは同車専用設定のゴールド×黒のツートン、およびゴールド、グレーを含む全6種類。価格はFF車が189万4320円、4WD車が201万7440円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオ バンディットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る