「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」拡大

スズキは2016年12月8日、ハイトワゴンタイプのコンパクトカー「ソリオ バンディット」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、マイルドハイブリッド車の「ハイブリッドMV」をベースに、メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシート、スエード調ドアトリムクロス、ブロンズメタリックの装飾パーツなどで内外装をドレスアップしたモデルである。

装備も充実しており、後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターが備えられている。

特別装備は以下の通り。
・専用シート表皮(ラックススエード&レザー調)
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・専用インテリア加飾色(インパネアッパーガーニッシュ、ドアトリムガーニッシュ、ステアリングガーニッシュ、インパネセンターガーニッシュ、エアコンルーバーガーニッシュ<ブロンズメタリック>)
・専用ステアリング、シフトノブスイッチ(シルバーステッチ)
・後席右側ワンアクションパワースライドドア(後席左側は標準装備)
・助手席シートヒーター(FF車のみ4WD車は標準装備)
・クルーズコントロール(デュアルカメラブレーキサポート非装着車のみ、デュアルカメラブレーキサポート装着車は標準装備)

ボディーカラーは同車専用設定のゴールド×黒のツートン、およびゴールド、グレーを含む全6種類。価格はFF車が189万4320円、4WD車が201万7440円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ソリオ バンディットスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る