「日産ノートe-POWER」にNISMOバージョン登場

2016.12.08 自動車ニュース
「日産ノートe-POWER NISMO」
「日産ノートe-POWER NISMO」

日産自動車は2016年12月8日、コンパクトカー「ノート」のスポーティーモデル「ノートNISMO/NISMO S」の仕様を変更するとともに、新たに「ノートe-POWER NISMO」を設定し、同年12月12日に発売すると発表した。

「ノートe-POWER NISMO」のリアビュー。
「ノートe-POWER NISMO」のリアビュー。
新規設定色の「ガーネットレッド」。
新規設定色の「ガーネットレッド」。
「ノートe-POWER NISMO」のフロントシート。
「ノートe-POWER NISMO」のフロントシート。
「ノートe-POWER NISMO」のインストゥルメントパネルまわり。
「ノートe-POWER NISMO」のインストゥルメントパネルまわり。
「nismo」ロゴ入りの専用ファインビジョンメーター。
「nismo」ロゴ入りの専用ファインビジョンメーター。
ボディーにはモデルごとに異なるボディー補強が施される。
ボディーにはモデルごとに異なるボディー補強が施される。
各モデルにはオプションでレカロ製のスポーツシートが用意される
各モデルにはオプションでレカロ製のスポーツシートが用意される
「ノートNISMO S」のインテリア。
「ノートNISMO S」のインテリア。
「ノートNISMO S」の専用サスペンション。
「ノートNISMO S」の専用サスペンション。
「ノートNISMO S」には「ブリヂストン・ポテンザS007」と17インチアルミホイールが装着される。
「ノートNISMO S」には「ブリヂストン・ポテンザS007」と17インチアルミホイールが装着される。

専用チューンのコンピューターで鋭い加速を実現

今回の仕様変更は、2016年11月に行われたノートのマイナーチェンジに伴うもので、NISMO、NISMO Sともに内外装に新たなデザインを採用。前者にはインテリジェントエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)などの安全装備が採用された。また、ボディーカラーには新たに「ガーネットレッド」を設定。全5色のバリエーションとした。

同時に追加されたe-POWER NISMOは、ノートのハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツモデルである。具体的には、ボディー補強や専用チューニングのサスペンションの採用などにより、しっかりとした乗り心地と操縦安定性を実現。パワーユニットの制御についても専用チューニングのコンピューター(VCM)を用いており、特に「ノーマル」モードと「S」モードではe-POWER NISMO独自のアクセルレスポンスおよびブレーキエネルギー回生のプログラムにより、瞬発力があって伸びの良い加速フィールが得られるという。

各モデルの主要装備は以下の通り。

【e-POWER NISMO、NISMO、NISMO S共通】
・専用フロントグリル、リアバンパー(リアフォグランプ付き)、ルーフスポイラー、サイドシルプロテクター
・シャークフィンアンテナ
・専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
・専用ブラックルーフライナー
・専用本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリング
(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付き)

【e-POWER NISMO専用装備】(上記共通装備に加えて)
・専用エンブレム(フロント/リア、NISMOと共通)、e-POWERエンブレム
・専用フロントバンパー(NISMOと共通)
・専用ブルーアクセント入りグリル
・ヨコハマS.driveタイヤ&16インチアルミホイール
・専用エキゾーストテールエンド(テール径:φ85、NISMOと共通)
・専用アルミ製アクセル・ブレーキペダル
・専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り、NISMO Sと共通)
・専用チューニングコンピューター(VCM)
・専用サスペンション
・専用フロント強化スタビライザー(NISMO Sと共通)
・専用ボディー補強(フロントクロスバー+フロントサスペンションメンバーステー<トンネルステー>+トンネルステー+リアサスペンションメンバーステー+リアクロスバー)
・専用車速感応式電動パワーステアリング
・専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ入り)
・専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)&ドアトリム

【NISMO専用装備】(上記共通装備に加えて)
・専用エンブレム(フロント・リア、e-POWER NISMOと共通)
・専用フロントバンパー(e-POWER NISMOと共通)
・ブリヂストン・ポテンザRE080タイヤ&16インチアルミホイール
・専用エキゾーストテールエンド(テール径:φ85、e-POWER NISMOと共通)
・専用サスペンション
・専用チューニングコンピューター(ECM)
・専用ボディー補強(フロントトンネルステー+リアトンネルステー)
・専用車速感応式電動パワーステアリング
・専用シート地(トリコット)&ドアトリムクロス

【NISMO S専用装備】(上記共通装備に加えて)
・専用エンブレム(フロント・リア)
・専用フロントバンパー(エアダクト付き)
・専用ブリヂストン・ポテンザS007タイヤ&17インチアルミホイール
・専用エキゾーストシステム(テール径:φ100)
・専用コンビメーター(nismoロゴ入り、260km/hスケール)
・専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル
・専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り、e-POWER NISMOと共通)
・専用チューニングコンピューター(ECM)
・専用サスペンション
・専用フロント強化スタビライザー(e-POWER NISMOと共通)
・専用ブレーキシステム(リアディスクブレーキ)
・専用ボディー補強(フロントトンネルステー+リアトンネルステー+フロントサスペンションメンバーステー+リアクロスバー+リアアンダーフロアVバー+リアサスペンションメンバーステー) 
・専用車速感応式電動パワーステアリング
・専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)&ドアトリム

価格は以下の通り。
・ノートNISMO(FF/CVT):209万4120円
・ノートNISMO S(FF/5MT):232万8480円
・ノートe-POWER NISMO(FF):245万8080円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る