マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)

探究はまだ道なかば 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。

足まわりに“張り”がある

オールニューのモデルとしてでたばかりの頃にプレス試乗会で乗ったCX-3にはちょっと……ではなくビックリさせられた。そのスジの用語でロールの、あるいはロール方向の「張り」とか「張り感」とかいうのだけど、それのなさに。ないとどうなるかというと、真っすぐ走っているだけなのに上屋がグラッと、あるいはフラッと傾く。そのグラッとやフラッとがあまりに目立ったので驚いた。驚いたというか「あ、これのことか!!」と。たしかに「張り」、ちゃんとあったほうがいい。快適だし、運転しやすいし。

その「張り感」のなさというか強烈なグラッとやフラッと、最新バージョンでは減っていた。少なくとも、前回乗ったときのあのビックリはなくなっていた。アラ残念……ではもちろんなくて(笑)、むしろ逆にちょっとビックリ。それプラス、いわゆる乗り心地に関しても、「デミオ」と同じような、似たような感じで雑多な揺れというか揺さぶられが減っていたように感じた。なのでまあメデタイ。

今回の具体的な改良項目のなかの重要なひとつであるところの「TBA(トーションビームアクスル)ブッシュの特性を変更」→「インパクトショックを低減」は、兄弟車デミオよりもむしろこちらにおいて重要だったと考えられる。というのは、CX-3は履いているタイヤがデカい。タイヤだけでなくホイールもデカくて、要はインチアップ&ワイド&ペタンコである。したがって、フツーに考えてインパクトショック的にキツい方向。

「CX-3」はBセグメント車「デミオ」のプラットフォームを基に開発されたコンパクトSUV。2015年2月に発売された。
「CX-3」はBセグメント車「デミオ」のプラットフォームを基に開発されたコンパクトSUV。2015年2月に発売された。
今回の改良では、足まわりの変更や装備の強化に加え、リフトゲートのガラスの肉厚アップや遮音・吸音材の追加などにより、静粛性の改善も図っている。
今回の改良では、足まわりの変更や装備の強化に加え、リフトゲートのガラスの肉厚アップや遮音・吸音材の追加などにより、静粛性の改善も図っている。
各部に施された赤いアクセントが目を引くインテリア。今回は中間グレードの「XDプロアクティブ」に試乗した。
各部に施された赤いアクセントが目を引くインテリア。今回は中間グレードの「XDプロアクティブ」に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る