「スバル・インプレッサ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」を受賞

2016.12.09 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ」
「スバル・インプレッサスポーツ」

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」の最終選考会が2016年12月9日に東京都内で開かれ、5代目となる新型「スバル・インプレッサ」が今年のイヤーカーに選ばれた。

「アウディA4」
「アウディA4」

「日産セレナ」


	「日産セレナ」
「BMW M2クーペ」
「BMW M2クーペ」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」
「ホンダNSX」
「ホンダNSX」

今回の受賞は、スバル車としては2度目。13年前に4代目「レガシィ」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2003-2004」に選ばれて以来のタイトル獲得となった。次点は、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」だった。

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」は、「アウディA4」が受賞。その他各賞は、イノベーション部門賞が「日産セレナ」に、エモーショナル部門賞が「BMW M2クーペ」に、スモールモビリティ部門賞が「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に、実行委員会特別賞が「ホンダNSX」に贈られた。

第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:スバル・インプレッサスポーツ/G4(420点)
2位:トヨタ・プリウス(371点)
3位:アウディA4シリーズ(149点)
4位:ボルボXC90(145点)
5位:メルセデス・ベンツEクラス(114点)
6位:アバルト124スパイダー(107点)
7位:ジャガーFペース(106点)
8位:ホンダ・フリード/フリード+(41点)
9位:日産セレナ(11点)
9位:BMW M2クーペ(11点)

(webCG)

関連キーワード:
自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事