第21回:クルマは顔とタイヤが命(その2)

2016.12.13 カーマニア人間国宝への道

唯一のH規格タイヤに決定!

タイヤ選びは難しい。私はレーサー/テストドライバー系ではなく、感性もズボラでタイヤ試乗会に呼ばれることは皆無。タイヤに関しては完全に一ユーザーだ。「自動車雑誌のタイヤ記事は、どれも褒めるばかりでまったく優劣がわからない」と思っている。本当に本物の一読者なので。

私は太平洋側在住なので、スタッドレス選びの際、アイスバーン性能は重視せずドライ性能を最重視する。たまの雪と年に1~2回の雪国遠征をクリアできれば善し。その上で、年中履きっぱなしにできる耐摩耗性の高いスタッドレスはどれなのか!?

マリオ高野が夏季6カ月テストをやった「ダンロップ・ウインターマックス」なら無難だろう。しかしそれでは二番煎じになる。
私はWeb上で血眼になってスタッドレス情報を収集した。そして一ユーザーとして、ひとつの事実に突き当たった。

「唯一、H規格のスタッドレスがある」

H規格とは、平たんな舗装路で210km/hまで走行可能ということ。他のスタッドレスの多くはQ規格(160km/hまで)だが、唯一のH規格!

カーマニアとしてはこれを選ぶべきだろう!! 我が「デルタ」が210km/h出るかどうか知らないが。

「タイヤに関しては完全に一ユーザー」と言い切る筆者。(写真=池之平昌信)
「タイヤに関しては完全に一ユーザー」と言い切る筆者。(写真=池之平昌信)拡大
マリオ高野氏が夏季テストを行った「ダンロップ・ウィンターマックス」。(写真=池之平昌信)
マリオ高野氏が夏季テストを行った「ダンロップ・ウィンターマックス」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事