第6回:天上天下唯我独尊カー(前編)

2016.12.12 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
黒いボディーにシルバーのダブルストライプといういでたちのわが「ダッジ・バイパー」。映画で言えば、どう考えても悪役である。
黒いボディーにシルバーのダブルストライプといういでたちのわが「ダッジ・バイパー」。映画で言えば、どう考えても悪役である。拡大

「ダッジ・バイパー」の魅力(と横暴)をあまねく世に訴えるため、webCGほったが立つ! 今回は、編集部きっての運転ベタが“試乗記”なるものに手を出すに至った経緯と、このひと月半で感じた○と×……の、主に「×の方」を紹介させていただく。

エンジン撮影のためにご開帳中の「バイパー」。カウルの開き方だけは、いっぱしのスーパーカーである。
エンジン撮影のためにご開帳中の「バイパー」。カウルの開き方だけは、いっぱしのスーパーカーである。拡大
一方、インテリアのあれやこれやは同時期の国産2リッタースポーツと比べても後塵(こうじん)を拝するレベル。まあ、気軽にガシガシ乗れるんで個人的には満足なのだけれど。
一方、インテリアのあれやこれやは同時期の国産2リッタースポーツと比べても後塵(こうじん)を拝するレベル。まあ、気軽にガシガシ乗れるんで個人的には満足なのだけれど。拡大
今はなき「ローバー・ミニ」。10年余の長きにわたり乗り続けてきたこともあり、今も私の“乗り心地基準”はこのクルマである。
今はなき「ローバー・ミニ」。10年余の長きにわたり乗り続けてきたこともあり、今も私の“乗り心地基準”はこのクルマである。拡大
記者「お手柔らかに頼むよ、相棒」
バイパー「やだ」
……余談ですが、本当は「天上天下唯我独尊」って、一般的に知られているような傲慢(ごうまん)な意味ではないそうですよ。気になる人は、ぜひ図書館へ。
記者「お手柔らかに頼むよ、相棒」
	バイパー「やだ」
	……余談ですが、本当は「天上天下唯我独尊」って、一般的に知られているような傲慢(ごうまん)な意味ではないそうですよ。気になる人は、ぜひ図書館へ。拡大

腐ってもスーパースポーツ

すべての発端は、第4回「人の縁を運ぶクルマ」において、とある御仁からいただいたフェイスブックのコメントだった。

「たまには走りの話もしてほしいですw」

これについては、何をおいてもまずは御礼申し上げねばなるまい。当該コメントをくださった方はもちろん、フェイスブックなどで激励、声援をくださる読者諸兄姉の皆さま、いつもありがとうございます。webCGほった、皆さまからのメッセージを糧に本連載に取り組んでおります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

しかしまあ、うーむ。困った。
確かに本連載の題材は、16年落ちのジジイとはいえ世界に冠たる高性能スポーツカーである。記者自身、いつかは“走り”にも触れねばならぬと、うすうす感づいてはいた。感づいていながら、のらりくらいと避けていたのだ。
その理由については、私が執筆したさまざまなドライビングセミナーのリポート、もしくはスバル社内研修制度の取材記などをご覧になった方ならお察しのことだろう。
しかし、あえてはっきり言わせていただく。
webCGほった、運転がヘタです。運動神経が非常に残念です。
フルブレーキングの練習では脚がつり、ジムカーナでは華麗な大回転を披露してスバルの関係者を心胆寒からしめる。そんなヤツが最高出力450ps、最大トルク67.7kgmの怪獣のインプレッションを開陳したところで、誰が真剣に受け止めてくれようか。

懸案はそれだけではない。およそ10年にわたりバネとダンパーがへたり切った「ローバー・ミニ」に乗り続けた結果、わが尻から背中にかけての感覚神経は、完全に天に召された。そして軽トラックですら「すわロールス・ロイス!?」と感じてしまう体質に成り果てたのだ。そんな私が「いやー、このクルマ乗り心地がサイコーですね!」と言ったところで、信ぴょう性はゼロ、いやむしろマイナスである。

そんなわけで、本連載では毎回「走りの話はまた今度」と先送りを繰り返していたのだ。
しかし、FBのコメントで読者の方より要望をいただいてしまうとは……。はす向かいの席では、当該コメントを発見した企画担当の折戸がニヤニヤしている。年貢の納め時である。

読者諸兄姉の皆さま、webCGは期待に応える自動車メディアです。今回は前後編の2回に分けて、納車からのひと月半で記者が感じた“バイパーのあれやこれや”をリポートさせていただく。

あなたにおすすめの記事
新着記事