第385回:ランドローバーBARがシリーズ制覇!
世界最高峰のヨットレース、アメリカズカップを観戦して

2016.12.12 エディターから一言
アメリカズカップ・ワールドシリーズ最終戦・福岡大会を制したランドローバーBARチーム(中央)。
アメリカズカップ・ワールドシリーズ最終戦・福岡大会を制したランドローバーBARチーム(中央)。

世界最高峰の国際ヨットレース、アメリカズカップのワールドシリーズ最終戦・福岡大会(2016年11月18日~20日)を、ランドローバーBARチームが制覇。これにより、同チームがシリーズ優勝を成し遂げた。決勝は2017年。英国チームは、常勝米国にどこまで迫ることができるか。勝負はがぜん面白くなってきた。

アメリカズカップはワンメイクレース。本シリーズはAC45Fという規格のカタマラン(双胴船)で競われた。
アメリカズカップはワンメイクレース。本シリーズはAC45Fという規格のカタマラン(双胴船)で競われた。
ボートの全長は13.45m。骨格はアルミ、ボディーパネルはカーボンファイバー製で重量は1320kg。
ボートの全長は13.45m。骨格はアルミ、ボディーパネルはカーボンファイバー製で重量は1320kg。

なぜ米国が圧倒的に強いのか

世界最高峰のヨットレースにして、サッカー・ワールドカップよりもゴルフの全英オープンよりも古い、世界最古のスポーツトロフィーとして知られるルイヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズが福岡市の地行浜(じぎょうはま)で開かれ、ランドローバーBARチームを応援すべく、現地で観戦してきました。結果は皆さんご存じのとおり、土曜日に3レース、日曜日に3レースを行う今回の戦いにおいて、ランドローバーBARは見事優勝! 次のステップであるルイヴィトン・アメリカズカップ・クオリファイアーズへ有利な条件で進出することが決まりました。

アメリカズカップは日本初開催、アジア初開催です。ヨットファンには言わずもがなでしょうが、アメリカズカップはアメリカ合衆国が開催するヨットレースということではありません。今から165年前の1851年、英国が第1回万博開催を記念し、ワイト島を1周するレースを開催したのですが、多くの英国チームに交じって米国からのチームが「アメリカ号」で参戦しました。レースでは、そのお客さん的に参戦した米国のチームが見事優勝、トロフィーを合衆国へ持ち帰りました。その偉業をたたえ、このレースはアメリカズカップと名付けられたのです。アメリカ号のカップということですね。

以来、数年ごとに開かれるレースで毎回米国チームが勝利し、1983年に豪州チームが勝利するまで、132年間、米国がトロフィーを守り続けたのです。ちなみに、これ以外に米国以外が勝利した例は、95年のニュージーランドだけです。圧倒的に米国が強い。なぜか。実力が優れているというのは大前提として、加えてチャンピオンが次の大会の開催権を得て、ルールやヨットの規格を決められるという特権があることも大きいのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
新着記事