アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/Q5 3.0 TDIクワトロ(4WD/8AT)

盤石の正常進化 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。

生産はメキシコの新工場で

5mを大きく超えた全長に、2mに迫ろうかという全幅。日本人の感覚からすれば“巨体”と表現をするしかなかったアウディ初のSUV「Q7」。これが2005年秋のフランクフルトモーターショーで発表されてから2年半後、すなわち2008年春に今度は北京モーターショーでアンベールされたのが、名称から“Q7の弟分”であることが明らかなQ5だった。今回の主役である。
こちらも1.9m級の全幅の持ち主ゆえ、やはり「コンパクト」という表現を使いづらいのは事実だ。

それでも、4.6m級の全長や5m台半ばの最小回転半径などから、Q7に比べれば“身の丈感”がグンと強かった。実際、日本の街中でもさほど持て余し感はなかったというのが、Q5に触れての個人的な印象でもあった。
そんなQ5が、初めてのフルモデルチェンジを実行。2代目モデルへと進化を遂げた。

2016年9月のパリモーターショーで披露された新型Q5を、早速テストドライブした。舞台はメキシコのカリフォルニア半島最南端。過酷さで知られるバハ1000マイルレースのゴール地点近くで、最近では世界的なホエールウオッチングの名所としても知られるロス・カボスにある、大規模なリゾートホテルが拠点となった。

それにしても、なぜドイツブランドがメキシコの地で国際試乗会を開催したのか?

その理由として、もちろん「年間300日以上が晴れで、平均気温も25度近く」という、テストドライブにはなんともふさわしい気候もあったことだろう。暗くて寒い冬のドイツを離れ、温暖な海岸地帯で過ごしたいという、イベント運営チームメンバーのたっての願望(?)も、少しは含まれていたのかもしれない。
が、新型Q5はそんな事情とは別に、メキシコという国とまさに切っても切れない縁が存在する。実は、ドイツ国内で生産が行われた従来型とは異なり、新型はそのすべての車両が、メキシコに新設された工場で生産されるからだ。

新型「アウディQ5」は、2016年9月のパリモーターショーで発表された。
新型「アウディQ5」は、2016年9月のパリモーターショーで発表された。
スリーサイズは全長×全幅×全高=4663×1893×1659mm。従来モデルからわずかに拡大されている。
スリーサイズは全長×全幅×全高=4663×1893×1659mm。従来モデルからわずかに拡大されている。
試乗会はメキシコのロス・カボスで開催された。アウディの新工場は、メキシコシティの東200kmに位置するサン・ホセ・チアパにある。
試乗会はメキシコのロス・カボスで開催された。アウディの新工場は、メキシコシティの東200kmに位置するサン・ホセ・チアパにある。
関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る