第480回:リカちゃん人形とモーレツ自動車産業の意外な関係

2016.12.16 マッキナ あらモーダ!

リカちゃん、50周年をパパの故郷で祝う

日本を代表する着せ替え人形「リカちゃん」が、2017年に50周年を迎える。それに先駆けて、フランスのパリ日本文化会館で「Licca ~ Symbol of Kawaii」と題した展覧会が開催された(会期:2016年12月6~17日)。

時代や流行を反映し、少女たちの憧れや夢を形にしつつ、日本人の美意識「kawaii」を表現したリカちゃんの世界を、フランスで紹介するのが目的だ。

「父にフランス人音楽家・ピエール、母に日本人デザイナー・織江を持つハーフの女の子」というリカちゃんの設定を元に、「パパの故郷、フランスで初の展覧会」という粋なサブタイトルが与えられ、約100体のリカちゃんが展示された。 

催しは4部構成。第1部では、4代にわたるリカちゃんの変遷をたどり、第2部では「フランスへの憧れ」を表現した2つの特別作品を展示した。続く第3部に登場するのは、今日のジャパニーズポップカルチャーにちなんだ作品や、文化服装学院の学生によるドレスをまとったリカちゃん。そして最後の第4部は、「茶摘み」をはじめとする日本文化を象徴する衣装のリカちゃん、という内容である。

内覧会には、主催団体である日本玩具文化財団の佐藤豊彦理事長も出席。日本の経済界に通じた読者ならその姓からお察しの通り、氏は旧タカラを創業した佐藤家の出身である。

佐藤氏によると、完成当初のリカちゃんは、デパートの担当者に見せたところで、反応は散々だったという。

「そのころ人形といえば、女の子が抱っこできる『抱き人形』が主流でした。だから百貨店の人々は、リカちゃんを見て『こんなに痩せ細った人形が売れるはずがない』と決めつけたのです」。

しかし実際は、そのリカちゃんが空前のロングセラーとなったのは誰もが知るところである。

2016年12月6日から17日まで開催される「Licca ~ Symbol of Kawaii」展のひとこま。「ジャパニーズポップカルチャー」の部に展示された制服アイドル版のリカちゃん。
2016年12月6日から17日まで開催される「Licca ~ Symbol of Kawaii」展のひとこま。「ジャパニーズポップカルチャー」の部に展示された制服アイドル版のリカちゃん。
「ANA歴代キャビンアテンダント リカちゃん」。発売当時、エアラインファンの間で話題になったものである。
「ANA歴代キャビンアテンダント リカちゃん」。発売当時、エアラインファンの間で話題になったものである。
日本玩具文化財団の佐藤豊彦理事長。終始にこやかな表情とは対照的に、その語りは玩具に対する愛情と情熱を感じさせる。
日本玩具文化財団の佐藤豊彦理事長。終始にこやかな表情とは対照的に、その語りは玩具に対する愛情と情熱を感じさせる。
佐藤氏の名刺。ファーストネームの先頭「TOY」が赤で強調されている。
佐藤氏の名刺。ファーストネームの先頭「TOY」が赤で強調されている。
リカちゃん第1世代(1967~71年)。マイナーチェンジを繰り返しながら、時代に合わせて改良を重ねてきたその歴史は、初代「フォルクスワーゲン・ビートル」を思わせる。
リカちゃん第1世代(1967~71年)。マイナーチェンジを繰り返しながら、時代に合わせて改良を重ねてきたその歴史は、初代「フォルクスワーゲン・ビートル」を思わせる。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事