ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】

「ありがとう」が聞きたくて 2016.12.15 試乗記 ダイハツ工業
DNGAユニット
開発本部 製品企画部
CE(チーフエンジニア)
嶋村博次(しまむら ひろつぐ)さん

コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。

スズキ・ソリオは意識しなかった

コンパクトカーの取り回しのよさと、ミニバンのユーティリティーの高さを“いいとこ取り”した新型車が、ダイハツ・トールとトヨタ・ルーミー/タンクである。この兄弟の生みの親である、ダイハツの嶋村博次チーフエンジニアにお話をうかがった。

――ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンクの“背高コンパクトカー”は、「スズキ・ソリオ」の寡占状態であったこのセグメントに新規参入したニューモデルです。開発にあたっては、やはりソリオを意識したのでしょうか?


嶋村博次氏(以下、嶋村):横に置いて見たりはしましたが、ソリオのここがこうだからウチはこうしよう、ということは考えませんでした。そういう意味では意識はしていませんね。価格は意識しましたけれど(笑)。

――では、トール、ルーミー/タンクを開発するにあたって、一番意識したことは何でしょう?

嶋村:機能ありきの開発ではなく、いろんなシーンを想像して、お客さまが笑顔になる、「ありがとう」と言えるシチュエーションに思いをはせながら開発しました。

――ありがとう、ですか?

嶋村:例えば年老いた両親を後席に導く時に、ステップは付いていますが、それでも階段よりも段差は高い。そんな時、握りやすい太さの、大きなグリップがあれば乗り込みがスムーズです。乗り込みをアシストしてあげれば、笑顔で「ありがとう」と言ってくれるのではと想像しました。また、4歳児が乗り込むには、もう少し低い位置に細いグリップが必要です。そこで高い位置と低い位置ではグリップの太さを変えたので、お子さんも笑顔で乗り込めるはずです。

――先ほど試乗しまして、確かにグリップの太さが変えてあるという、キメの細かい配慮には感心しました。やはり、子育てファミリーを念頭において開発なさったのでしょうか?

嶋村:第一に考えたのはそこです。お母さんが後席にカバンを置いて赤ちゃんのおむつを替えるシーンなどを想像しながら開発しています。もうひとつ、シニア層にも喜んでいただけるように配慮したつもりです。ご夫婦で遠出をしてちょっと疲れたなんていう時、リアシートが70度もリクライニングするので、ほぼフルフラットになります。道の駅や高速道路のサービスエリアで休憩していただけると思います。ソケットから電源を取ってコーヒーやお茶を飲んでくつろぐのもいいですね。あと、釣りをなさる方などは、早めに到着して仮眠をして夜明けを待つ方が多いと聞きまして、そういう使い方も想定しています。

「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」をコンセプトに開発された「ダイハツ・トール」。さまざまな利便性を高めることで、ユーザーが自然と笑顔になれるクルマを目指したという。
「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」をコンセプトに開発された「ダイハツ・トール」。さまざまな利便性を高めることで、ユーザーが自然と笑顔になれるクルマを目指したという。
大型乗降用グリップは、写真右のBピラーに装着されている。
大型乗降用グリップは、写真右のBピラーに装着されている。
低床設計がなされ、室内高は1355mmが確保される。リアシートに赤ちゃんを寝かせて、おむつを替えるようなケースでも、お母さんが天井に頭をぶつける心配が少ない。
低床設計がなされ、室内高は1355mmが確保される。リアシートに赤ちゃんを寝かせて、おむつを替えるようなケースでも、お母さんが天井に頭をぶつける心配が少ない。
<プロフィール>
1983年ダイハツに入社。ボディー設計を担当する。ひと通りの車種を担当した後に「企画をやりたい」と手を挙げ、製品企画の部署へ移る。思い出深いのは、「アイゴ」の立ち上げでプジョー・シトロエン・グループと交渉したことや、「トヨタ・プロボックス/サクシード」のマイナーチェンジにあたって1リッターの紙パックが入るドリンクホルダーを装着したこと。「実際に営業に使う人たちは、あそこに500ccや1リッターの紙パックを入れて、ストローで飲みながら移動するとうかがったので」と振り返るが、使う人を観察して開発に生かす姿勢は今回の「トール」でも同じだった。
<プロフィール>
	1983年ダイハツに入社。ボディー設計を担当する。ひと通りの車種を担当した後に「企画をやりたい」と手を挙げ、製品企画の部署へ移る。思い出深いのは、「アイゴ」の立ち上げでプジョー・シトロエン・グループと交渉したことや、「トヨタ・プロボックス/サクシード」のマイナーチェンジにあたって1リッターの紙パックが入るドリンクホルダーを装着したこと。「実際に営業に使う人たちは、あそこに500ccや1リッターの紙パックを入れて、ストローで飲みながら移動するとうかがったので」と振り返るが、使う人を観察して開発に生かす姿勢は今回の「トール」でも同じだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る