国内販売500万台を達成 特別な色の「スズキ・アルト」登場

2016.12.13 自動車ニュース
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。

スズキは2016年12月13日、軽乗用車「アルト」に特別色3色を設定し、同年12月20日に発売すると発表した。

「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。
「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。

今回の特別色の設定は、同年12月12日にアルトの国内累計販売台数が500万台を達成したことを記念したもの。初代アルトは1979年5月にデビューしており、以降37年以上にわたり、スズキの軽ラインナップのエントリーモデルとして活躍してきた。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとしてはこれが初めてとなる。

今回設定される色は「フレンチミントパールメタリック」「コフレピンクパールメタリック」「フォーンベージュメタリック」の3色。ラインナップの中間に位置する「L」と「S」の2グレードで選択可能となる。

価格は以下の通り。
L:89万4240円(FF)/100万0080円(4WD)
S:100万2240円(FF)/110万2680円(4WD)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る