第387回:スバルのもうひとつの顔
知られざる航空宇宙事業の実態を取材

2016.12.15 エッセイ
愛知県に位置する、富士重工業航空宇宙カンパニーの半田工場。
愛知県に位置する、富士重工業航空宇宙カンパニーの半田工場。

富士重工業(以下スバル)が、愛知県半田市にある航空宇宙カンパニーの半田工場において、工場見学会を開催。知られざる日本の航空産業の現状と、意外なところでつながっている自動車産業との関連性をリポートする。

スバルの源流は1917年に誕生した飛行機研究所にさかのぼる。1919年に創業者の名をとった中島飛行機に改称した。
スバルの源流は1917年に誕生した飛行機研究所にさかのぼる。1919年に創業者の名をとった中島飛行機に改称した。
工場見学の前に実施されたプレゼンテーションの様子。日本の航空機産業はまだ小規模だが、世界的な需要の増加に伴い、大きな成長が見込めるという。
工場見学の前に実施されたプレゼンテーションの様子。日本の航空機産業はまだ小規模だが、世界的な需要の増加に伴い、大きな成長が見込めるという。
半田工場では米ボーイング社の旅客機「777/777X/787」や、自衛隊の「P-1哨戒機」「C-2輸送機」の部品が生産されている。
半田工場では米ボーイング社の旅客機「777/777X/787」や、自衛隊の「P-1哨戒機」「C-2輸送機」の部品が生産されている。
半田工場は今でも拡張が続いている。こちらの新しい建屋では、「777X」の中央翼が生産される予定。
半田工場は今でも拡張が続いている。こちらの新しい建屋では、「777X」の中央翼が生産される予定。

中島飛行機のDNAを受け継ぐ

スバルの歴史をひもとけば、その前身が1917年(大正6年)に創立された中島飛行機であることは多くの人が知るところ。同社が「九七式戦闘機」や純国産の中型高速旅客機である「AT-2」を手がけ、戦後の財閥解体を経て1953年に現在の富士重工業として再結集した後も、航空機メーカーとしてのDNAは脈々と受け継がれているのだ。

見学会では冒頭、同社の専務執行役員であり航空宇宙カンパニープレジデントの永野 尚氏から航空宇宙事業や工場の概要等の説明が行われた。

航空宇宙カンパニーは現在3つの工場があり、今回見学会が行われた半田工場はボーイング社の旅客機や防衛省向け航空機の「中央翼」の生産を行う工場。土地面積は5万9000平方メートル、建物面積は1万6000平方メートル、ここで1000人を超える従業員が働いている。

そもそも「中央翼」とは飛行機の中部胴体のことで、左右の主翼外翼と前後の胴体をつなぐ重要な部位。構造としては上部がキャビンの床、下部が機体の下面、内部は燃料タンクになる。また「ボーイング777/787/777X」は主脚格納部も統合されており、その中でも特に787のそれは大型の炭素繊維複合材(カーボンコンポジット)構造で、部材にはチタンも多用されている。

半田工場は、ボーイング777の中央翼を組み立てるために1988年2月に用地取得が行われ、1992年6月に完成。同年12月に組み立てが開始された。その後も、ボーイング787の中央翼の組み立てや増産に対応するために工場は拡張。現在では2020年ごろに就航予定の同777Xの中央翼をはじめ、他機種に対応する組み立てセンターとして進化を続けているという。

また隣接する半田西工場は2005年4月に完成、前述したボーイング787向けの炭素繊維複合材製の外板パネルを生産している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ