【スペック】全長×全幅×全高=4638×1939×1261mm/ホイールベース=2680mm/車重=1960kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツSLS AMG ロードスター(FR/7AT)【海外試乗記】

生粋のドライビングロードスター 2011.10.16 試乗記 メルセデス・ベンツSLS AMG ロードスター(FR/7AT)
……2590万円

スーパースポーツ「SLS AMG」に追加されたロードスターバージョン。その走りは軟派な印象とは裏腹に硬派なものだった。2012年1月の日本でのデリバリーを前に、その実力をモナコからリポートする。

クーペよりハンサム?

「300SL」の伝説を追うように、「SLS AMG」にもロードスターモデルが加わった。半世紀以上も前、その構造上の必然性からガルウイング方式のドアを採用した300SLクーペは、今でこそガルウイングの代名詞として、ビンテージカーマニアから絶大なる支持を受けているが、“300SL”としての成功は、アメリカ市場を念頭においたロードスターモデルによるところが大きかった。

AMG初の専用スポーツカーとしてデビュー後、世界中で賞賛されている、“帰って来たガルウイング”SLS AMGもまた、このロードスターモデルの追加で、一層の人気と憧憬(しょうけい)を得ることは間違いない。 

アイコニックな300SLと同様に、基本的にはクーペスタイルからルーフとガルウイングドアを取り去って、小さなソフトトップをそなえたスタイリングとした。2m近くもあるロングノーズがよりいっそう強調され、意外にたくましいショルダーラインが目立っていて、リアセクションも後方へとすっきり流れるデザインとなっていることから、こちらの方が単純に「格好いい」と思う人も多いことだろう。

ドアが上に開くことを至上とする筆者などは、それでもガルウイングを支持したくなるのだが、確かに小さく立ち気味でクラシカルなフロントスクリーンとの相性などは、ロードスターの方が優っていると認めざるを得ない。

ルーフにはエレガントなソフトトップを採用した。時同じくしてデビューした「フェラーリ458スパイダー」が軽量なハードトップを採用したこととは好対照である。3層からなるファブリックトップは、マグネシウムとアルミニウム、スチールを骨組みとして組み合わせ、軽量化を図った。Z型に折り畳まれ、開閉に要する時間はおよそ11秒。もちろん全自動で、時速50キロ以下であれば、走行中の開閉も可能だ。ちなみに、ソフトトップの色は黒、赤、ベージュの3色を用意した。

インテリアはクーペと同じデザインである。センターアームレスト前部に、ルーフ開閉のための操作ユニットを配した点が違う程度。それよりも、室内を注視されることの多いオープンカーということで、インテリアコーディネートに随分こだわった。特別外装色のデジーノカラーのみならず、あでやかなスタイルインテリアパッケージを用意(2012年春以降)するなど、見栄えアップには相当に力を入れている。

インテリアデザインは「SLS AMG(クーペ)」と共通。
インテリアデザインは「SLS AMG(クーペ)」と共通。
ロールオーバープロテクションバーの間には、風の巻き込みを抑えるウインドディフレクターが備わる。
ロールオーバープロテクションバーの間には、風の巻き込みを抑えるウインドディフレクターが備わる。
ソフトトップは、黒、赤、ベージュの3色から選べる。
ソフトトップは、黒、赤、ベージュの3色から選べる。

メルセデス・ベンツSLS AMG ロードスター(FR/7AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る