「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ

2016.12.13 自動車ニュース
「スズキ・ランディ」
「スズキ・ランディ」

スズキは2016年12月13日、3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、同年12月20日に発売すると発表した。

 
「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジの画像

ランディは「日産セレナ」の姉妹モデルにあたり、日産からOEM供給を受けて販売されるモデルである。セレナが2016年8月にフルモデルチェンジしたことを受けて、ランディにも全面改良が実施された。

衝突回避をサポートするエマージェンシーブレーキが全グレードで標準装備とされたほか、4WD車へのスマートシンプルハイブリッド機構(S-HYBRID)の搭載、ロングスライドする2列目シートや、3列目シートのスライドなどの多彩なシートアレンジ機能、2通りに開くデュアルバックドアなど、日産セレナに準ずる特徴を備えているが、運転支援システム「プロパイロット」は設定されない。

グレードラインナップと価格は以下の通り。

  • 2.0S(FF):250万0200円
  • 2.0X(FF):272万1600円
  • 2.0X(4WD):296万5680円
  • 2.0G(FF):296万1360円
  • 2.0G(4WD):324万8640円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランディの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る