ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)

ポルシェのうま味が詰まってる 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。

議論を呼ぶニューモデル

あれっ、2気筒ないや(718)! と言われるのが、今度のケイマン(とボクスター)である。エンジンは新開発の4気筒水平対向ターボで、標準車が2リッター、「S」が2.5リッターに“ダウンサイジングターボ化”された。

自然吸気6気筒の旧型では、ボクスターよりも後発のケイマンにエンジンアウトプットのアドバンテージが与えられたが、718は両者、パワーもトルクも同じである。これにより、ケイマンのほうが少し安くなった。本来、高付加価値なはずのオープンモデルのほうが固定屋根より安いという“ねじれ”が、エンジンの統一でやっと解消されたわけである。

それはいいのだが、6気筒から4気筒ターボへの宗旨替えは、議論の風発するところだろう。ミドエンジンのエントリーポルシェでも、フラットシックスが味わえる。ケイマンやボクスターの大きな魅力はそこにあったはずだからだ。

思い起こせば30年前、名車「スバル・アルシオーネ」に水平対向6気筒エンジンが登場したとき、自動車趣味メディアはこぞって「あのポルシェ911と同じ!」と形容した。今回、その逆が行われたわけで、それがポルシェのようなファンカーにとって、果たしていかがなものなのか、というのが興味の的だろう。
試乗したのは2リッターケイマンのMTモデル(619万円)である。

4気筒の「ケイマン」に与えられる「718」のモデル名は、1950~60年代にモータースポーツシーンで活躍した、ポルシェのスポーツカーに由来する。


	4気筒の「ケイマン」に与えられる「718」のモデル名は、1950~60年代にモータースポーツシーンで活躍した、ポルシェのスポーツカーに由来する。
「ルクソールベージュ」カラーでコーディネートされた、テスト車のインテリア。オプションの「レザーインテリア」も選択した結果、シート表皮やダッシュボード、ドアパネルが本革仕立てとなっている。
「ルクソールベージュ」カラーでコーディネートされた、テスト車のインテリア。オプションの「レザーインテリア」も選択した結果、シート表皮やダッシュボード、ドアパネルが本革仕立てとなっている。
今回のテスト車は、車両本体価格619万円の6段MT仕様。このほかに、7段ATを搭載するモデル(671万4000円)もラインナップされる。
今回のテスト車は、車両本体価格619万円の6段MT仕様。このほかに、7段ATを搭載するモデル(671万4000円)もラインナップされる。
日本では、2016年7月に初公開された「718ケイマン」。水平対向4気筒のポルシェは、1976年に「ポルシェ914」の生産が終了して以来、ひさびさのラインナップとなる。
日本では、2016年7月に初公開された「718ケイマン」。水平対向4気筒のポルシェは、1976年に「ポルシェ914」の生産が終了して以来、ひさびさのラインナップとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る