マツダ、新型「CX-5」を発表

2016.12.15 自動車ニュース
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」

マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。発売は2017年2月2日。価格は246万2400円~352万6200円で、月間販売台数は2400台を計画している。

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」
「マツダCX-5」
「マツダCX-5」
「Lパッケージ」のインテリア。
「Lパッケージ」のインテリア。
2.2リッターディーゼルエンジン(SKYACTIV-D2.2)には「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」が採用された。
2.2リッターディーゼルエンジン(SKYACTIV-D2.2)には「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」が採用された。
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」(フロントガラス照射タイプ)
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」(フロントガラス照射タイプ)
従来モデルに引き続いて採用されたオルガン式アクセルペダル
従来モデルに引き続いて採用されたオルガン式アクセルペダル

より“プレミアム”なSUVに進化

新型CX-5のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動(こどう)」と呼ばれる同社のデザインコンセプトをより高い領域へ引き上げた。つややかさに精悍(せいかん)さを融合させた外観と、乗員の誰もが心地よさを感じる内装を作り上げることに挑戦したという。ボディーカラーには魂動デザインの造形を際立たせる新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初採用した。ボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm。ラゲッジルーム容量は505リッター。

走行性能では、ドライバーのステアリング操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで車両の操縦性と安定性を高める「G-ベクタリング コントロール」を全車に標準装備したほか、静粛性や乗り心地を改善して同乗者の快適さも向上させた。また「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」の追従速度を従来の30~100km/hから0~100km/hに拡大するなど、安全性能も見直した。

エンジンは、従来型と同じようにディーゼルが2.2リッター(SKYACTIV-D2.2)で、ガソリンが2リッター(SKYACTIV-G2.0)と2.5リッター(SKYACTIV-G2.5)となる。SKYACTIV-D2.2には、アクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」のほか、ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」やノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用し、走りの滑らかさと静かさを向上させた。JC08モード燃費は、SKYACTIV-D2.2:17.2~18.0km/リッター、SKYACTIV-G2.0:16.0km/リッター、SKYACTIV-G2.5:14.6~14.8km/リッター。

その他、シフトセレクターの位置を先代モデルから約60mm上方に設置してステアリングホイールからの持ち替えを容易にしたり、走行環境情報や自車情報をフロントガラスに投影するタイプの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を搭載するなどして、ドライバーがより運転しやすい環境作りを進めた。

グレードと価格は以下の通り。

  • 20S(FF):246万2400円
  • 20Sプロアクティブ(FF):268万9200円
  • 25S(4WD):268万9200円
  • 25Sプロアクティブ(4WD):291万6000円
  • 25Sプロアクティブ Lパッケージ(FF):298万6200円
  • 25Sプロアクティブ Lパッケージ(4WD):321万3000円
  • XD(FF):277万5600円
  • XD(4WD):300万2400円
  • XDプロアクティブ(FF):300万2400円
  • XDプロアクティブ(4WD):322万9200円
  • XDプロアクティブ Lパッケージ(FF):329万9400円
  • XDプロアクティブ Lパッケージ(4WD):352万6200円

(webCG)

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る