「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)

2016.12.15 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。「昔から好きでした」と語り、自らコルベットファンをもって任じる谷口。強烈な存在感を放つイエローのアメリカンクーペを前にして何を思う?

 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像

「いいクルマ、きたーっ!」

コルベットZ06の試乗を終えた谷口信輝に「クルマの印象はどうでしたか?」と尋ねてみたが、ニヤニヤするだけでなにも答えが返ってこない。しばらくすると、谷口は笑顔のまま「じゃあ、まずはこのクルマのいいところから取り上げてみましょうか!」と唐突に宣言した。なんだかいつもと様子が違うが、取りあえず彼の言葉に耳を傾けてみることにしよう。

「かっこいいですよね、このクルマ」と谷口。
「今日、ここにやってきて、『うわー、乗ってみたい!』って一番思ったのがコルベット。『いいクルマ、きたーっ!』って感じで、ちょっと盛り上がっちゃいました」

どうやら谷口はアメリカ車が決して嫌いなわけではないらしい。
「ええ、コルベットは昔から好きでしたよ。だって、かっこいいじゃないですか。特に、昔の『スティングレイ』とかいいですよね。僕は好きです」

私も子供のころはスティングレイに憧れたものだが、「C7」と呼ばれる最新のコルベットはボディー全体が筋肉質に引き締まっていて、とてもスタイリッシュ。伝統的なローングノーズ・ショートデッキのプロポーションも現代流に再解釈されていて、谷口が言うとおりなかなかかっこいい。
「いや、本当に。車高はもうちょっと落としたくなりますが、これはかなり格好よくなる素質があると思いますよ」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)【試乗記】 2015.10.7 試乗記 アメリカが誇る高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、最高出力659psの過給機つき6.2リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンモデル「Z06」が登場。迫力のルックスと豪快な加速性能だけにとどまらない、“史上最強のコルベット”の魅力に触れた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る