BMW M140i(FR/8AT)

気さくにつきあえる“M” 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激的なキャラクターと同時に、懐の深さも併せ持っていた。

排気量と気筒数はベーシックモデルの2倍

こういうクルマを作らせると、BMWはいい仕事をする。コンパクトでパワフル、走って楽しくそこそこ実用的。「ノイエクラッセ」はもちろん、戦前から続くBMWのDNAである。今じゃ堂々たるプレミアムブランドだけれど、M140iのようなモデルを作り続けていることが駆けぬけるバイエルンの精神の表れなのだ。

BMWの中で最もコンパクトな1シリーズに、340psの3リッター直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載している。過剰と言えば、そのとおりだろう。ベーシックな「118i」のエンジンは、排気量も気筒数も半分の1.5リッター直列3気筒。最高出力は136psである。ボディーサイズからすればこれで十分で、ダウンサイジングの世の中ではむしろこちらがスタンダードだ。

M140iはバルブトロニックやダブルVANOSといった複雑な技術をふんだんに使ったうえで、BMW M社がモータースポーツ活動で得たノウハウを注ぎ込んで仕上げたモデルである。従来の「M135i」と比べ、最高出力を14ps向上させた。まったく同じチューンのエンジンを持つ「M240iクーペ」にはMTモデルがあるが、M140iに組み合わされるのは8段ATだけ。MTで乗りたければ、日本ではクーペを選べばいい。4枚ドアのM140iはファミリーカーとして使うことも不可能ではないモデルなのだから、ATを優先したのは妥当だろう。

見た目だってこれみよがしな派手さはない。バッジを見なければ、ハイパフォーマンスモデルであるとは気づかない。奥ゆかしいところに好感が持てる。

「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。
「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る