クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M140i(FR/8AT)

気さくにつきあえる“M” 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激的なキャラクターと同時に、懐の深さも併せ持っていた。

排気量と気筒数はベーシックモデルの2倍

こういうクルマを作らせると、BMWはいい仕事をする。コンパクトでパワフル、走って楽しくそこそこ実用的。「ノイエクラッセ」はもちろん、戦前から続くBMWのDNAである。今じゃ堂々たるプレミアムブランドだけれど、M140iのようなモデルを作り続けていることが駆けぬけるバイエルンの精神の表れなのだ。

BMWの中で最もコンパクトな1シリーズに、340psの3リッター直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載している。過剰と言えば、そのとおりだろう。ベーシックな「118i」のエンジンは、排気量も気筒数も半分の1.5リッター直列3気筒。最高出力は136psである。ボディーサイズからすればこれで十分で、ダウンサイジングの世の中ではむしろこちらがスタンダードだ。

M140iはバルブトロニックやダブルVANOSといった複雑な技術をふんだんに使ったうえで、BMW M社がモータースポーツ活動で得たノウハウを注ぎ込んで仕上げたモデルである。従来の「M135i」と比べ、最高出力を14ps向上させた。まったく同じチューンのエンジンを持つ「M240iクーペ」にはMTモデルがあるが、M140iに組み合わされるのは8段ATだけ。MTで乗りたければ、日本ではクーペを選べばいい。4枚ドアのM140iはファミリーカーとして使うことも不可能ではないモデルなのだから、ATを優先したのは妥当だろう。

見た目だってこれみよがしな派手さはない。バッジを見なければ、ハイパフォーマンスモデルであるとは気づかない。奥ゆかしいところに好感が持てる。

「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。
「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。拡大
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。拡大
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

色気より走りのインテリア

ただし、エンジンに火が入ると明らかに普通じゃないことが伝わってくる。中にいれば優秀な遮音のおかげでよくわからないのだが、外で聞いていると明らかにヤバい音が響いてくる。住宅街で朝早くガレージから出るのには気を使うレベルだ。凄(すご)みがきいているし、いかにも燃費が悪そうなオーラを発する。実際には、山道を結構飛ばしたにもかかわらず試乗トータルでリッターあたり10km台の優秀な数字だった。JC08モードでは13.4km/リッターだから、歩留まりも悪くない。

アイドリング中にリアに回ってみると、2本出しのマフラーは右からしか排気が出ていなかった。左のマフラーには出口にフタが付いていて、エンジン回転数に応じて開閉するようになっているようだ。豪快に見えるわりに、細やかな配慮が行き届いている。

インテリアの意匠も外観と通じるものがある。上質ではあるものの素っ気ない。色気とかエモーショナルとかを演出するより、走りに必要なものを適正に配置することを重視している。メーターはオーソドックスな2眼で、視認性は良好。幅広薄型というトレンドには乗らないちょい古スタイルで、いい意味で普通のスポーティーさだ。情報を確実に届けることを重視している。パワーユニットの屈強さとは裏腹に、内外装ともに過剰感のないデザインである。

運転席に収まるとしっかりホールドされるものの、窮屈さはなくて快適な座り心地。走り一辺倒のモデルではないことが、シートからもわかる。後席は4:2:4の分割可倒式になっていて、真ん中だけ倒せばスキー板も運べそうだ。

インストゥルメントパネルまわりの意匠は基本的に他のグレードと共通。テスト車には赤と黒のツートン内装が用いられていた。
インストゥルメントパネルまわりの意匠は基本的に他のグレードと共通。テスト車には赤と黒のツートン内装が用いられていた。拡大
シートには、クロスとアルカンターラのコンビタイプと、ダコタレザーのものの2種類を用意。色は前者が「ブラック」、後者は「オイスター」と「コーラル・レッド」(写真)から選択可能となっている。
シートには、クロスとアルカンターラのコンビタイプと、ダコタレザーのものの2種類を用意。色は前者が「ブラック」、後者は「オイスター」と「コーラル・レッド」(写真)から選択可能となっている。拡大
マフラーは左右1本ずつの2本出し。左マフラーの内側にはバタフライが備わっており、状況に応じて排気の“抜け”を制御する。
マフラーは左右1本ずつの2本出し。左マフラーの内側にはバタフライが備わっており、状況に応じて排気の“抜け”を制御する。拡大

燃料消費20%減の「ECO PRO」モード

街なかでも十分快適に走れるのは、電子制御のおかげだ。可変ダンパーを備えたアダプティブMサスペンションによって走行性能と快適性のバランスを変えられるので、幅広い用途で適切な設定が得られる。走行モードはセンターコンソールに備えられたドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチで切り替えればいい。

スイッチを押すと、モニターにモードがアニメーション表示される。デフォルトは「COMFORT」で、バランス重視のモードだ。それでもいいのだが、普通に走るなら燃料消費を最大20%減少させるという「ECO PRO」を選んだほうがいいだろう。もちろん、パワー不足を感じさせるようなことは一切ない。ECO PROモードではアクセルから足を離すとコースティング状態になって燃料を無駄に消費しないようにする。

「SPORT」モードを選ぶと、シャシー、ステアリング、エンジンレスポンスが向上してスポーティーなドライビングに適した設定となる。このクルマ本来の性能が発揮できるわけだが、明らかに乗り心地が悪化した。街なかを走る時は、デメリットしかない。首都高速の路面の悪いところでは、腰に衝撃がダイレクトに届いて閉口した。

高速道路でアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を試そうとしたら、前のクルマに異常接近して肝を冷やした。よく見たらACCではなくただのCCだった。最近はACC付きが当たり前のようになってきたのでうっかりしてしまった。いずれにせよ、ACCであれCCであれ、このクルマではあまり使いたいとは思わないだろう。

高速巡航は快適だが、少し気になったのが後方視界である。あまり見通しがいいとはいえない。「日産セレナ」に装備されているリアカメラを使った「スマートルームミラー」のようなものは、こういうクルマにこそ欲しくなる。

シャシーには独自のチューニングが施されており、アダプティブMサスペンションや可変ギアレシオ機構付きのバリアブル・スポーツ・ステアリングなどが装備される。
シャシーには独自のチューニングが施されており、アダプティブMサスペンションや可変ギアレシオ機構付きのバリアブル・スポーツ・ステアリングなどが装備される。拡大
ドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチ。走行モードには「ECO PRO」「COMFORT」「SPORT」「SPORT+」の4種類が用意される。
ドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチ。走行モードには「ECO PRO」「COMFORT」「SPORT」「SPORT+」の4種類が用意される。拡大
0-100km/h加速は4.6秒という動力性能を発揮する「M140i」。同時にJC08モード計測で13.4km/リッターという燃費性能も備えている。
0-100km/h加速は4.6秒という動力性能を発揮する「M140i」。同時にJC08モード計測で13.4km/リッターという燃費性能も備えている。拡大

安全性が限定される?

ドライビング・パフォーマンス・コントロールには、SPORTの先に「SPORT+」というモードがある。ダンピングはさらにスポーティーな設定になるわけだが、このモードを選ぶにはちょっと勇気が必要だ。モニターには真っ赤な文字で「安全性が限定されたダイナミック走行」と表示される。こんな直訳調ではなくてもっといい表現がありそうだが、安全性が最優先でないことはよくわかった。

自動的にダイナミック・スタビリティー・コントロール(DSC)の一部が解除されるわけで、電子制御の介入をできるだけ抑えたいと考えるドライバー向けだ。スポーティーなモデルでは珍しくない機能だが、真っ向から安全性が限定されると言われるとためらいを覚える。自信がなければ無理してSPORT+を選ばなくたっていい。逃げるは恥だが役に立つのだ。

M140iは素のままでも十分にスポーティーな走りが楽しめるクルマである。ステアリングホイールにはパドルが装備されているが、それさえも必要ない。8段ATの出来が恐ろしくいいので、おまかせ状態でまったく問題がないのだ。シフトのアップダウンは細やかで滑らか。誰でも速く走れる、ないしは速く走れるような気になれるだろう。

SPORTとSPORT+では「スポーツ表示」を選ぶことができるようになっていて、モニターにはパワーとトルクの状態がリアルタイムに示される。スパイニードルまで付いているのがいい感じだ。気分的なものだけれど、スポーティーな雰囲気に浸ることができる。

高いポテンシャルを持つからこそ、なんちゃってスポーティー走行をも許容する懐の深さがある。卓越したドライビングテクニックを持たなくても、それなりに気持ちよく走れて安全性も高い。過剰なパワーユニットを持つからこそ実現できたマルチな性能は、幅広い層に向けて開かれている。Mの名を冠してはいるが、わりと気さくにつきあえるクルマである。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

足元にはダブル5スポークの18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは前が225/40ZR18、後ろが245/35ZR18。
足元にはダブル5スポークの18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは前が225/40ZR18、後ろが245/35ZR18。拡大
「SPORT+」モードではダイナミック・スタビリティー・コントロールの制御が変更となり、トラクションコントロール以外の機能がカットされる。
「SPORT+」モードではダイナミック・スタビリティー・コントロールの制御が変更となり、トラクションコントロール以外の機能がカットされる。拡大
センターディスプレイの「スポーツ表示」では、走行時の出力とトルクの変化をリアルタイムで確認できる。ピーク値を指し示すスパイニードルの機能も備わっている。
センターディスプレイの「スポーツ表示」では、走行時の出力とトルクの変化をリアルタイムで確認できる。ピーク値を指し示すスパイニードルの機能も備わっている。拡大
ボディーカラーは「M140i」専用色の「エストリル・ブルー」を含む全7色。テスト車には「アルピン・ホワイトIII」が用いられていた。
ボディーカラーは「M140i」専用色の「エストリル・ブルー」を含む全7色。テスト車には「アルピン・ホワイトIII」が用いられていた。拡大

テスト車のデータ

BMW M140i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4340×1765×1430mm
ホイールベース:2690mm
車重:1570kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/5500rpm
最大トルク:51.0kgm(500Nm)/1520-4500rpm
タイヤ:(前)225/40ZR18 88Y/(後)245/35ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:13.4km/リッター(JC08モード)
価格:590万円/テスト車=648万7000円
オプション装備:ダコタレザー<コーラルレッド/ブラックハイライト>(22万6000円)/BMWコネクテッドドライブ・プレミアム(6万1000円)/アドバンスドパーキングパッケージ(14万7000円)/スルーローディングシステム(3万8000円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(11万5000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:1320km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:461.0km
使用燃料:45.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)

BMW M140i
BMW M140i拡大

関連キーワード:
1シリーズBMW試乗記

あなたにおすすめの記事