BMW M140i(FR/8AT)

気さくにつきあえる“M” 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激的なキャラクターと同時に、懐の深さも併せ持っていた。

排気量と気筒数はベーシックモデルの2倍

こういうクルマを作らせると、BMWはいい仕事をする。コンパクトでパワフル、走って楽しくそこそこ実用的。「ノイエクラッセ」はもちろん、戦前から続くBMWのDNAである。今じゃ堂々たるプレミアムブランドだけれど、M140iのようなモデルを作り続けていることが駆けぬけるバイエルンの精神の表れなのだ。

BMWの中で最もコンパクトな1シリーズに、340psの3リッター直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載している。過剰と言えば、そのとおりだろう。ベーシックな「118i」のエンジンは、排気量も気筒数も半分の1.5リッター直列3気筒。最高出力は136psである。ボディーサイズからすればこれで十分で、ダウンサイジングの世の中ではむしろこちらがスタンダードだ。

M140iはバルブトロニックやダブルVANOSといった複雑な技術をふんだんに使ったうえで、BMW M社がモータースポーツ活動で得たノウハウを注ぎ込んで仕上げたモデルである。従来の「M135i」と比べ、最高出力を14ps向上させた。まったく同じチューンのエンジンを持つ「M240iクーペ」にはMTモデルがあるが、M140iに組み合わされるのは8段ATだけ。MTで乗りたければ、日本ではクーペを選べばいい。4枚ドアのM140iはファミリーカーとして使うことも不可能ではないモデルなのだから、ATを優先したのは妥当だろう。

見た目だってこれみよがしな派手さはない。バッジを見なければ、ハイパフォーマンスモデルであるとは気づかない。奥ゆかしいところに好感が持てる。

「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。
「M140i」は、BMW M社がエンジンやシャシーなどに手を加えた「Mパフォーマンス・オートモービルズ」の一台である。Mモデルの設定がない「1シリーズ」では、最も高性能なモデルとなる。
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。
最高出力340ps、最大トルク51.0kgmを発生する3リッター直6ターボエンジン。
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。
「M140i」は従来の「M135i」の改良モデルとして2016年9月に登場した。従来型と比べ、最高出力が14ps、最大トルクが5.1kgm高められている。
関連記事
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る