第391回:LAで気になる新車にイッキ乗り!
ワールド・カー・アワード試乗会に参加して

2017.01.10 エッセイ
ワインディングロードを行く「トヨタ・プリウスPHV」。
ワインディングロードを行く「トヨタ・プリウスPHV」。

世界23カ国のジャーナリストが選ぶ世界規模のカー・オブ・ザ・イヤー「ワールド・カー・アワード」をご存じだろうか。イヤーカーは2017年4月のニューヨークショーで発表される予定だが、それに先立ち、アワード選考のための試乗会が去る11月にロサンゼルスで開催された。そこには、とても興味深いあんなクルマやこんなクルマの姿が……。ショートインプレッションをダイジェストでお届けしよう。

今回の試乗会に集まった車両は25台。今回は「インフィニティQ60」や「マツダCX-9」など、日本未発売・未導入の日本車などを中心に試乗した。
今回の試乗会に集まった車両は25台。今回は「インフィニティQ60」や「マツダCX-9」など、日本未発売・未導入の日本車などを中心に試乗した。
日本では販売が延期された「プリウスPHV(北米名:プリウス プライム)」も25台のノミネート車に含まれている。
日本では販売が延期された「プリウスPHV(北米名:プリウス プライム)」も25台のノミネート車に含まれている。
「フィアット124スパイダー クラシカ」
「フィアット124スパイダー クラシカ」
足まわりの仕上がりは上々。“ロードスターファミリー”の中でも随一だ。
足まわりの仕上がりは上々。“ロードスターファミリー”の中でも随一だ。
1.4リッター直4ターボユニットは160hpを生み出す。
1.4リッター直4ターボユニットは160hpを生み出す。

オススメはAT仕様――フィアット124スパイダー

ロサンゼルスモーターショー(2016年11月14日~27日)開幕のタイミングに合わせ、今回もワールド・カー・アワード主催による試乗会が、ロサンゼルス北東部パサデナのホテルをベースに開催された。

世界各国から70人を超える自動車ジャーナリストが、直近1年間に発売されたグローバルモデルを、さまざまな角度から評価するワールド・カー・アワードのプログラム。今回行われた試乗会は、2017年4月に開催されるニューヨークモーターショーでのアワード決定に向けての、重要なイベントとしての意味を持つものだ。

そんな今回の試乗会には、“日・米・欧・韓”という4つの地域から、合わせて25のノミネート車が集結した。その中から、日本ではなかなか乗れないもの、あるいは、日本ブランドの作品でも国内販売が行われていないものなどを選び、早速パサデナの街中とその周辺フリーウェイ、そしてワインディングロードでテストドライブした。ここにそのファーストインプレッションを集めてお届けしよう。

さて、日本ではアバルトブランドのみで販売される「124スパイダー」だが、今回テストドライブしたのはそのベースであるフィアットブランドの“素”の124スパイダー。日本向けのアバルト仕様は170psだが、アメリカ向けのアバルトの最高出力表記は164hp。これに対して、フィアット版のベースバージョンに積まれる同じ1.4リッター・ターボユニットが発生する値は160hpと、実はその差はわずか4hpにすぎない。

MTとATが用意されるトランスミッションのうち、今回のテスト車は後者の仕様。ギアの数が6段にとどまるのは物足りないが、アバルトのMT仕様では気になった蹴り出し時のトルクの不足感は全くなく、実はエンジンが必ずしもアクセルレスポンスの点で優れたものではないということに加えて、「オススメは文句ナシにATの方」というのが、“出典”である「マツダ・ロードスター」とは大きく異なるポイントだ。

ちなみに、アバルト版と比較をしてもその力強さに物足りなさは覚えなかったが、走行中ちょっと残念に思えたのは、シフトパドルが用意されていないこと。

コンクリート路面の継ぎ目が連続するフリーウェイ上でもヒョコヒョコしないフットワークは、マツダブランドを含む“広島産ロードスターファミリー”の中にあっても随一の仕上がり、というのが率直な印象だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
新着記事