侮れぬ実力――ジェネシスG90

日本ではほとんど知られず、話題にもなっていないものの、だからこそ気になってしまったのがこのモデル。実はジェネシスはヒュンダイが2015年に立ち上げた高級車ブランド。「G90」は、米国で発売されたばかりのフラッグシップセダンだ。

内外装は、いずれも「先行するライバル各車を真面目に研究して仕上げたな」と想像ができるもの。

堂々たるサイズから確かに立派には見えるし、各部の質感も、なるほどそんな周辺モデルたちに見劣りしないが、そんな見た目に関しては、どこか“既視感”を抱く部分が多いというのが率直な第一印象。例えば、横長ディスプレイを大胆に使ったダッシュボードやテールレンズのグラフィックには、やはり“メルセデスコンプレックス”を感じてしまったりするのだ。

ところが、静粛性はもはや間違いなく世界のトップクラスといえる水準にあったりと、走り始めると感心をさせられる部分も少なくない。今回テストしたのはツインターボ付きの3.3リッターV6エンジン車だったが、ここは5リッターのV8モデルも、ぜひとも試してみたかったところだ。

少なくとも、なぜかモデルチェンジを先延ばし(?)にしてきた「レクサスLS460」などは、もはや多くの部分をキャッチアップされてしまっている。

“歴史と伝統”がモノをいう欧州の市場とは異なり、「安くて良いもの」であれば即物的に受け入れるのがアメリカ市場。下手をすると、これは“家電の二の舞”になりかねないナ……と、ちょっとそんな怖さを感じさせられた。

「ジェネシスG90」
「ジェネシスG90」
ジェネシスは韓国メーカー・ヒュンダイの高級車ブランド。2015年11月に立ち上げられた。
ジェネシスは韓国メーカー・ヒュンダイの高級車ブランド。2015年11月に立ち上げられた。
今回試乗したのは3.3リッターV6エンジン搭載車。室内の静粛性は高いレベルにあった。
今回試乗したのは3.3リッターV6エンジン搭載車。室内の静粛性は高いレベルにあった。
新着記事