さらなる熟成を期待――インフィニティQ60

なかなかのルックスの良さと、最高400hpを発する新開発のツインターボ付き3リッターV6エンジン搭載と聞いて、大いに期待をしていた「インフィニティQ60」。

ところが、ドライバーズシートへと乗り込みスタートという段階で驚愕(きょうがく)の事実が判明。何と最新モデルにも関わらず、パーキングブレーキには旧態依然の“足踏み式”が採用されているのだ。この期に及んで一体どうしてしまったのか?

そんな戸惑いは、走り始めるとさらに加速をすることに。

路面凹凸をダイレクトに拾い、ストローク感に乏しいフットワークは、これでは長距離ツーリングに出掛けようという気持ちにはとてもなれないし、オプション装着されていた例のバイワイヤ式“ダイレクトアダプティブステアリング”も、残念ながら不自然さばかりが気になってしまう違和感の塊という印象。

7段ATと組み合わされた前出の最新エンジンは、確かにパワフルでスムーズに回ってくれるものの、そんなパワーパックの好印象な仕上がりも、このシャシーとの組み合わせでは残念無念。

日本市場には次期「スカイライン クーペ」として遠からず登場するはず。願わくば、母国に向けては何とかシャシー性能の熟成を進めた状態でデビューしてほしい。

「インフィニティQ60 3.0tスポーツ」
「インフィニティQ60 3.0tスポーツ」
乗り心地は思いのほかハードだ。路面の不整をダイレクトに拾う。さらなる熟成を望みたいところ。
乗り心地は思いのほかハードだ。路面の不整をダイレクトに拾う。さらなる熟成を望みたいところ。
日本市場には次期「日産スカイライン クーペ」として遠からず登場するはず。
日本市場には次期「日産スカイライン クーペ」として遠からず登場するはず。
あなたにおすすめの記事
新着記事