第137回:サーブvsボルボ――頑固ジジイの仁義なき戦い
『幸せなひとりぼっち』

2016.12.16 読んでますカー、観てますカー

スウェーデン車同士の近親憎悪

どの国のクルマが好きかで、人の性格がわかるものだろうか。フランス車のイベントとイギリス車のイベントでは確かに雰囲気が異なるようにも思えるが、それぞれが全員同じ性格なんてことがあるはずはない。イタリア車好きとドイツ車好きが互いに悪口を言い合うことはあっても、もちろん本気で相手を敵だと思っているわけではないだろう。

ましてや同じスウェーデン生まれ「サーブ」と「ボルボ」なら、どちらのファンも似た者同士だと考えるのが自然だ。しかし、近親憎悪という言葉もある。はたから見れば大差なくても、本人たちにとっては小さな違いが大きな意味を持つのだ。『幸せなひとりぼっち』の主人公はサーブ原理主義者である。ボルボに乗る人間は大嫌いなのだ。

オーヴェ(ロルフ・ラスゴード)は、自分が住む住宅地を見回るのが日課だ。開放禁止の門がちゃんと閉まっているか、吸い殻が落ちていないか、歩いて点検している。当人は正しいことをしているつもりなのだろうが、イヤミな頑固ジジイに違いない。クルマに関しては、とりわけ厳しくチェックする。枠からはみ出して駐車するクルマがあればノートに記録して改善を命じ、乗り入れ禁止の場所を走るクルマを見つけるとすぐさま停止させる。

権限があるわけではない。以前は地区会長を務めていたが、今はただの一住民である。見回りは彼の趣味なのだ。意地悪な姑(しゅうとめ)のようにアラ探しをし、わずかでも違反を見つけると「無能どもめ!」と悪態をつく。

(C)Tre Vänner Produktion AB. All rights reserved.
(C)Tre Vänner Produktion AB. All rights reserved.
 
第137回:サーブvsボルボ――頑固ジジイの仁義なき戦い『幸せなひとりぼっち』の画像
 
第137回:サーブvsボルボ――頑固ジジイの仁義なき戦い『幸せなひとりぼっち』の画像
 
第137回:サーブvsボルボ――頑固ジジイの仁義なき戦い『幸せなひとりぼっち』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事