アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)

未来が見えてきた 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。

1.4リッターエンジンに不足なし

アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツのコックピットに座り、iPhoneをLightningケーブルで接続する。すると「Apple CarPlay」が起動。「東京スカイツリー」と告げると、地図には東京スカイツリーの位置が表示され、目的地に設定するかどうかを尋ねてくる。

試しに、スタッフにショートメッセージを送ってもらうと、「オハヨウゴザイマス」と、音声で読み上げた。「シュッパツシマス」と音声で返信すると、スタッフのiPhoneには文字で「出発します」と表示される。音声認識システム「Siri(シリ)」の精度が上がっているのは知っていたけれど、ここまでヤルとは……。

CarPlayはAppleが開発したもので、アウディ以外の自動車メーカーも順次採用している。でもこのちょっと未来的なインターフェイスは、ブラック&シルバーできりっとキメた、アウディA4のクールなインテリアに似合っている。

そしてCarPlayに限らず、このクルマに乗っていると、少し先回りして未来に来たような気がするのだった。

スターターボタンを押してエンジンを始動、シフトセレクターでDレンジを選んで出発。5秒後には、「これだけ立派なボディーが1.4リッターの心臓でちゃんと走るのか?」という疑問は解けて消えた。一切のストレスなしに、するすると加速するのだ。

特にエンジン音が高まるわけでもなく、停止状態からスムーズに加速するのは、最大トルク25.5kgmを、1500-3000rpmというごく低回転域で発生するセッティングによるものだ。7段Sトロニックの変速もスムーズで、静かでシームレスな加速感はちょっとEVを思わせる。このエンジンの感触も、未来を感じる一因だ。

「アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ」は、2リッターグレードから遅れること約6カ月、2016年10月に日本市場へ導入された。


	「アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ」は、2リッターグレードから遅れること約6カ月、2016年10月に日本市場へ導入された。
インフォテインメントシステムは、「Apple CarPlay」を使用しなくても、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを介して通信することが可能。天気やオンラインニュース、近隣のガソリンスタンドの燃料価格などを知ることができる。
インフォテインメントシステムは、「Apple CarPlay」を使用しなくても、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを介して通信することが可能。天気やオンラインニュース、近隣のガソリンスタンドの燃料価格などを知ることができる。
試乗車はメーターパネルが全面液晶となる、オプションの「アウディバーチャルコックピット」を装備していた。写真はナビ画面を中心に表示したところ。ステアリングホイールに備わるスイッチで、表示パターンを切り替えることができる。
試乗車はメーターパネルが全面液晶となる、オプションの「アウディバーチャルコックピット」を装備していた。写真はナビ画面を中心に表示したところ。ステアリングホイールに備わるスイッチで、表示パターンを切り替えることができる。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2012.6.27 試乗記 アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)
    ……653万円

    デザインや機能に変更が加えられた、アウディの基幹モデル「A4」。そのワゴンバージョン「アバント」の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る