アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)

未来が見えてきた 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。

1.4リッターエンジンに不足なし

アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツのコックピットに座り、iPhoneをLightningケーブルで接続する。すると「Apple CarPlay」が起動。「東京スカイツリー」と告げると、地図には東京スカイツリーの位置が表示され、目的地に設定するかどうかを尋ねてくる。

試しに、スタッフにショートメッセージを送ってもらうと、「オハヨウゴザイマス」と、音声で読み上げた。「シュッパツシマス」と音声で返信すると、スタッフのiPhoneには文字で「出発します」と表示される。音声認識システム「Siri(シリ)」の精度が上がっているのは知っていたけれど、ここまでヤルとは……。

CarPlayはAppleが開発したもので、アウディ以外の自動車メーカーも順次採用している。でもこのちょっと未来的なインターフェイスは、ブラック&シルバーできりっとキメた、アウディA4のクールなインテリアに似合っている。

そしてCarPlayに限らず、このクルマに乗っていると、少し先回りして未来に来たような気がするのだった。

スターターボタンを押してエンジンを始動、シフトセレクターでDレンジを選んで出発。5秒後には、「これだけ立派なボディーが1.4リッターの心臓でちゃんと走るのか?」という疑問は解けて消えた。一切のストレスなしに、するすると加速するのだ。

特にエンジン音が高まるわけでもなく、停止状態からスムーズに加速するのは、最大トルク25.5kgmを、1500-3000rpmというごく低回転域で発生するセッティングによるものだ。7段Sトロニックの変速もスムーズで、静かでシームレスな加速感はちょっとEVを思わせる。このエンジンの感触も、未来を感じる一因だ。

「アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ」は、2リッターグレードから遅れること約6カ月、2016年10月に日本市場へ導入された。


	「アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ」は、2リッターグレードから遅れること約6カ月、2016年10月に日本市場へ導入された。
インフォテインメントシステムは、「Apple CarPlay」を使用しなくても、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを介して通信することが可能。天気やオンラインニュース、近隣のガソリンスタンドの燃料価格などを知ることができる。
インフォテインメントシステムは、「Apple CarPlay」を使用しなくても、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを介して通信することが可能。天気やオンラインニュース、近隣のガソリンスタンドの燃料価格などを知ることができる。
試乗車はメーターパネルが全面液晶となる、オプションの「アウディバーチャルコックピット」を装備していた。写真はナビ画面を中心に表示したところ。ステアリングホイールに備わるスイッチで、表示パターンを切り替えることができる。
試乗車はメーターパネルが全面液晶となる、オプションの「アウディバーチャルコックピット」を装備していた。写真はナビ画面を中心に表示したところ。ステアリングホイールに備わるスイッチで、表示パターンを切り替えることができる。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。
1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る