第22回:命名“スーパー節約号”

2016.12.20 カーマニア人間国宝への道

超絶最高! ランチア・デルタ

ダラダラ寄り道を繰り返しているうちに、購入から早くも丸1年たってしまった欧州のオシャレ牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。実は私、この1年の間に他にクルマを2台も買ってしまっておるのですが、とにかくデルタの話に決着をつけにゃいかんので、書き切らせていただきます。

で、ぶっちゃけこのクルマ、どうなのか?

超絶最高です……。

いろいろ欠点はあるけど最高なんですよ! なぜって、カーマニアである私が乗るために生まれてきたようなクルマだから!

個性的過ぎて軽い吐き気すら催す特異なフォルムや、没落貴族的なインテリアには、いまだに見るたびに陶酔のため息が出る。人もクルマも見た目が9割ですネ!

しかも超レア。買って最初にデルタでお台場・潮風公園(クルマ撮影のメッカ)に入った時、撮影中だった自動車メディア関係者が全員「あれはなんだ?」という目でこっちを見た!

彼らはフェラーリやランボルギーニが入ってきたって、一瞥(いちべつ)しかしない。でも我がデルタには全員が振り返った! あの時の「勝った!」という感覚。これはカーマニアでなければわからないでしょう。
その中のひとりに聞いたところ、「『イプシロン』かな? って思ってよく見たらデルタでビックリしました」とのこと。マニアでもよく見ないとわかんないってのが勝利なんだよ!!

写真に深い意味はないが、「ランチア・デルタ」の話に決着ということで。(写真=池之平昌信)
写真に深い意味はないが、「ランチア・デルタ」の話に決着ということで。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の自宅ガレージ。手前に「デルタ」、奥に「フェラーリ458イタリア」が収まる。
筆者の自宅ガレージ。手前に「デルタ」、奥に「フェラーリ458イタリア」が収まる。拡大
筆者が購入時から安っぽいと感じていた「ランチア・デルタ」のダッシュボードセンター。
筆者が購入時から安っぽいと感じていた「ランチア・デルタ」のダッシュボードセンター。拡大
シルバー樹脂の部分をプロにピアノブラックに塗装してもらって、高級感アップ!
シルバー樹脂の部分をプロにピアノブラックに塗装してもらって、高級感アップ!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事