クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

レクサスGS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)

勝者のスポーツセダン 2016.12.22 試乗記 レクサスのミッドサイズセダン「GS」に、高出力と優れた燃費性能の両立をうたう2リッター直4ターボ搭載モデルが登場。その走りや乗り心地はどのようなものなのか、スポーティーグレードの“Fスポーツ”を駆って確かめた。

第一印象から華やか

レクサスのグランドツーリングセダン「GS200t“Fスポーツ”」が何に似ているかというと、筆者の知る限り、「トヨタ・クラウン アスリート」なのだった。
さくら、それを言っちゃぁ、おしめえだよ。おしまいもなにも、おにいちゃん、2850mmのホイールベースが同じで、前ダブルウィッシュボーン、後ろマルチリンクのサスペンションの形式も同じで、8段ATのギアリングも寸分たがわない。そんなこと世間さまはとっくに承知よ。

ま、そんなワケで、新たに2リッター4気筒直噴ターボのD-4STを搭載したGSの印象を以下に記す。試乗車は、内外装にスポーティーなコスメティックを施し、スポーツサスペンションを与えた“Fスポーツ”である。鮮やかな「レッドマイカクリスタルシャイン」なるボディー色は、大仰なスピンドルグリルとよく似合っていて、華やかなスターのムードを醸し出している。

スポーティーかつ豪華なシートに座り、ダッシュボードの丸いスターターボタンを押すと、例によって「♪たららららん」というレクサス共通の、どこかのんびりした電子音がどこかから聞こえてくる。「♪たららららん」という電子音を聞くと、不思議と癒やされるような心持ちになる。「♪ちゃぁ~ん、チャララララン~」という哀愁を帯びた音楽が流れると、いよっ、寅さん! と声に出したくなるのと同じだ。音楽というのは誠にすごい。「今日は◯月×日△曜日……」と、朝一には人工音声が日にちも教えてくれる。親切なことこの上ない。シートにもステアリングにも付いているヒーターは、冬の寒い時期にはありがたい装備だ。

「レクサスGS」の「200t」(2リッター直4ターボ搭載車)は、2016年9月にデビュー。パワーユニット別には、このほか3.5リッターV6+モーターの「450h」、3リッターV6の「350」、2.5リッター直4+モーターの「300h」がラインナップされる。
「レクサスGS」の「200t」(2リッター直4ターボ搭載車)は、2016年9月にデビュー。パワーユニット別には、このほか3.5リッターV6+モーターの「450h」、3リッターV6の「350」、2.5リッター直4+モーターの「300h」がラインナップされる。拡大
オプションの「三眼フルLEDヘッドランプ」を装着した、テスト車のフロントまわり。メッシュタイプのグリルは、“Fスポーツ”専用のもの。
オプションの「三眼フルLEDヘッドランプ」を装着した、テスト車のフロントまわり。メッシュタイプのグリルは、“Fスポーツ”専用のもの。拡大
“Fスポーツ”専用デザインの本革シート。運転席と助手席には、ベンチレーションとシートヒーターが備わる。
“Fスポーツ”専用デザインの本革シート。運転席と助手席には、ベンチレーションとシートヒーターが備わる。拡大
水平基調のインストゥルメントパネルが与えられたインテリア。中央には12.3インチの大型モニターがレイアウトされる。
水平基調のインストゥルメントパネルが与えられたインテリア。中央には12.3インチの大型モニターがレイアウトされる。拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

スポーティーなのに快適

外装の迫力を決定づけているのがタイヤ&ホイールである。ノーマルが18インチであるのに対して、1サイズ大きな19インチ、前235/40、後ろ265/35という前後異形サイズを履いている。その分、走りだしたときの第一印象はコツコツ感があって、あまりよろしくない。

ところが、一晩置いて翌早朝、清冽(せいれつ)な空気の中ですいた郊外の道を走りだすと、意外と快適である。都内の速度ではピンとこなかったけれど、のびのび走らせると、少々荒れた路面を苦もなく通過していく。電子制御の可変ダンピング、NAVI・AI-AVS(Adaptive Variable Suspension system)は大きな入力に対してせっせと仕事をしているらしい。小さなジャブはあえて受け止めるものの、強烈なパンチはボディーワークで避けてみせる。そんなテクニックを持っている。

首都高速の目地段差もしなやかに通過し、さほどショックを伝えない。路面のいい高速道路ともなれば、得意分野で、スポーツサスペンションといっても安心してください。硬くないです。

山梨・河口湖周辺のちょっとしたワインディングロードで試してみたところ、実によく曲がる。より上級モデルの後輪ステアが付いているのか、とカタログを確認したほどに。おそらく4気筒の搭載で鼻先が軽い。車検証からわかる前後重量配分は53:47ほどで、ステアリングのギア比もクイック。大技、小技の組み合わせで、ボディーの大きさを感じさせない。

テスト車には今回の小改良の目玉のひとつであるトルセンLSD(4万3200円のオプション)が付いていた。
けれども、じつのところ、その効果についてはよくわからなかった。とはいえ、“Fスポーツ”をあえて選ぶタイプのユーザーであれば、付けておくのが賢明……と愚考する。車両価格の1%以下なのだし。

“Fスポーツ”専用デザインの19インチアルミホイール。フロントには、356mm径のベンチレーテッドブレーキディスクが装着される。
“Fスポーツ”専用デザインの19インチアルミホイール。フロントには、356mm径のベンチレーテッドブレーキディスクが装着される。拡大
「GS200t」のフロント部には、走行中のボディーのたわみや微振動を吸収することでハンドリング性能や乗り心地を向上させる「パフォーマンスダンパー」が装着される。
「GS200t」のフロント部には、走行中のボディーのたわみや微振動を吸収することでハンドリング性能や乗り心地を向上させる「パフォーマンスダンパー」が装着される。拡大
シルバーリングのメーターに8インチのインフォメーションディスプレイが組み合わされた、“Fスポーツ”専用メーター。「エンジンを回す楽しさ」が視覚的に表現されている。
シルバーリングのメーターに8インチのインフォメーションディスプレイが組み合わされた、“Fスポーツ”専用メーター。「エンジンを回す楽しさ」が視覚的に表現されている。拡大
ディフューザー形状のフィンを持つリアバンパーも、“Fスポーツ”ならではのディテール。
ディフューザー形状のフィンを持つリアバンパーも、“Fスポーツ”ならではのディテール。拡大

親切や気配りまで感じられる

21世紀の科学により、このクラスで2リッター4気筒ターボはもはやスタンダードである。GS200tの場合も車重1690kgに、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kgm/1650-4400rpmのD-4STユニットは十分スポーティーなレベルの動力性能を実現している。大排気量の暴力的な速さではない。理にかなった範囲の速さと申しましょうか。

8段オートマチックの貢献も大きい。ただし、「8-Speed SPDS(Sport Direct Shift)」とSPDSの4文字が後ろにくっついた進化版で、「Mポジション時に最短0.2秒で変速」し、「MT車のように本格的なスポーツドライビングを楽しむことができる」とカタログにはあるけれど、速さよりもスムーズさが持ち味で、例えばパドルシフトでのダウンシフト時にブリッピングするぐらいの演出が欲しい、と筆者なんぞは思った。

例によって「ドライブモードセレクト」なるデバイスが付いており、エコ→ノーマル→スポーツと走行モードを切り替えることができる。スポーツモードはスポーツ、スポーツS、スポーツS+の3種類に分かれており、センターコンソールのダイヤルをスポーツにするとメーターの照明が赤に変わって、ギアがダウンシフト、エンジンの回転がぴゅんと跳ね上がる。もちろん乗り心地もいっそう硬くなる。

とはいえ、ガチガチではない。あくまで洗練されたスポーティヴネス、というのがGS200t“Fスポーツ”の狙うところであるように思われる。動力性能がスポーツモデルとしては控えめなこともあり、筆者にとって印象的だったのは「スポーティー」ということよりも、「親切」「気配り」だった。
例えば信号待ちの停止時にブレーキを軽く踏んでいると、「ブレーキをもう少し踏み込んでください」とクルマがいきなり話しかけてくる。言われるままにブレーキペダルをグイッと踏み込むと、アイドリングしていたエンジンがストップした。ドライバーにエコを促す健全なアスリート。というのがレクサス“Fスポーツ”の理想像なのだ、たぶん。

1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードで13.0km/リッターの燃費を実現する。
1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する2リッター直4直噴ターボエンジン。JC08モードで13.0km/リッターの燃費を実現する。拡大
シフトレバー周辺には、インフォテインメントシステムの操作スイッチや、走行モードの変更ダイヤルがレイアウトされる。
シフトレバー周辺には、インフォテインメントシステムの操作スイッチや、走行モードの変更ダイヤルがレイアウトされる。拡大

「GS200t“Fスポーツ”」には、より適切な駆動力配分を実現するトルセンLSDがオプション設定されている。価格は4万3200円。


	「GS200t“Fスポーツ”」には、より適切な駆動力配分を実現するトルセンLSDがオプション設定されている。価格は4万3200円。
	拡大
後席の様子。“Fスポーツ”のシートカラーは、ブラック(写真)のほかにトパーズブラウンとダークローズが選択できる。
後席の様子。“Fスポーツ”のシートカラーは、ブラック(写真)のほかにトパーズブラウンとダークローズが選択できる。拡大
ステアリングホイールの右側スポーク部には、プリクラッシュセーフティーシステムやレーンキーピングアシストのスイッチが並ぶ。
ステアリングホイールの右側スポーク部には、プリクラッシュセーフティーシステムやレーンキーピングアシストのスイッチが並ぶ。拡大

価格に見合った品格

もし筆者が海外に住んでいたりするようなことがあれば、ニッポン男児としてこのクルマに乗ることはわが身の誉れであると考えるかもしれない。事実上同じ中身のクラウン アスリートの2リッター4気筒ターボ+8段ATモデルは396万3600円からで、GS200tは577万円からである。カタログ上、クラウンの200tはGSより10ps低い最高出力235psに抑えられているという数値上の違いはあるものの、基本的にはスーパーと百貨店、トヨタとレクサスの違いがここにはあるわけである。では、あらためて賢い消費者としてはどちらを選ぶべきか。 あなたはクラウン派ですか、GS派ですか?

答えになるかならぬか、某日、筆者は江戸川べりの関宿城というちょっとした観光スポットに行ったおり、そこの駐車場にR32型「日産スカイラインGT-R」の限定500台の「GT-R NISMO」が止まっているのを見た。リアワイパーがないから、おそらく本物だ。昼メシを食べようと思って、その公園の下の茶屋に行くと、こちらの駐車場にはスピンドルグリルのレクサスGSの姿があった。

で、お店を出るとき、たまたま偶然、この2台が駐車場から出て行くところを別々のポイントで見かけた。R32 GT-Rに乗り続けている年配のご夫婦もかっこいいけれど、レクサスGSに乗る年配のご夫婦というのも、モダンでかっこいいな、と私は思った。

GS200t“Fスポーツ”の車両価格は659万9000円。28万8360円のマークレビンソンをはじめ、オプションだけで67万9320円である。人生に成功した人が手に入れる高級車である。「Eクラス」でも「5シリーズ」でもないところはもちろん、同じレクサスでも「LS」や「IS」、「RX」や「NX」でもないところが実にシブい。テスト時の燃費は車載コンピューターで8.1㎞/リッターと理性的な結果となった。V6ではない、4気筒の200tの存在理由がここにある。

レクサスGSは人生の勝利者のセダンである。燃費がリッター1㎞よかろうと、大きな違いではない、というエモーション重視の考え方もある。一番重要なことは、人生の勝利者のセダンである、という雰囲気がこの4気筒モデルにもちゃんとあるということなのだ。

(文=今尾直樹/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也/取材協力=河口湖ステラシアター)

トランクルームの容量は556リッター。長尺物を積むためのトランクスルー機構が備わる。トランクリッドの電動開閉機構は、5万4000円のオプション。
トランクルームの容量は556リッター。長尺物を積むためのトランクスルー機構が備わる。トランクリッドの電動開閉機構は、5万4000円のオプション。拡大
今回は、高速道路を中心に324kmの道のりを試乗。満タン法で8.9km/リッターの燃費を記録した。
今回は、高速道路を中心に324kmの道のりを試乗。満タン法で8.9km/リッターの燃費を記録した。拡大

センターコンソールの小物入れには、2つのUSBソケットとAC電源が備わる。


	センターコンソールの小物入れには、2つのUSBソケットとAC電源が備わる。
	拡大
センターコンソールに並ぶ、エアコンとカーオーディオのスイッチ。テスト車の“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステムは、28万8360円のオプション。
センターコンソールに並ぶ、エアコンとカーオーディオのスイッチ。テスト車の“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステムは、28万8360円のオプション。拡大
「レクサスGS200t“Fスポーツ”」には、写真のレッドマイカクリスタルシャインを含む全8色のボディーカラーがラインナップされる。
「レクサスGS200t“Fスポーツ”」には、写真のレッドマイカクリスタルシャインを含む全8色のボディーカラーがラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

レクサスGS200t“Fスポーツ”

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4850×1840×1455mm
ホイールベース:2850mm
車重:1690kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:245ps(180kW)/5800rpm
最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1650-4400rpm
タイヤ:(前)235/40R19 92Y/(後)265/35R19 94Y(ブリヂストン・ポテンザRE050A)
燃費:13.0km/リッター(JC08モード)
価格:659万9000円/テスト車=727万8320円
オプション装備:トルセンLSD(4万3200円)/クリアランスソナー&バックソナー(4万3200円)/ブラインドスポットモニター(5万4000円)/後席SRSサイドエアバッグ(2万1600円)/三眼フルLEDヘッドランプ<ロー・ハイビーム>&LEDフロントターンシグナルランプ+アダプティブハイビームシステム<AHS>+ヘッドランプクリーナー(8万8560円)/カラーヘッドアップディスプレイ(8万6400円)/“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(28万8360円)/パワートランクリッド(5万4000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:1005km 
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:324.5km
使用燃料:36.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.9km/リッター(満タン法)/8.1km/リッター(車載燃費計計測値)
 

レクサスGS200t“Fスポーツ”
レクサスGS200t“Fスポーツ”拡大
リアコンビランプ。レクサスのイニシャル「L」をモチーフとしたデザインが採用されている。
リアコンビランプ。レクサスのイニシャル「L」をモチーフとしたデザインが採用されている。拡大
“Fスポーツ”専用ステアリングホイールの下端には、“F”をかたどったエンブレムが添えられる。
“Fスポーツ”専用ステアリングホイールの下端には、“F”をかたどったエンブレムが添えられる。拡大
荷室のフロア下に設けられた、予備の収納スペース。パンク修理キットや、けん引フックなどもここにおさまる。
荷室のフロア下に設けられた、予備の収納スペース。パンク修理キットや、けん引フックなどもここにおさまる。拡大
 
レクサスGS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
GSレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事