レクサスGS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)

勝者のスポーツセダン 2016.12.22 試乗記 レクサスのミッドサイズセダン「GS」に、高出力と優れた燃費性能の両立をうたう2リッター直4ターボ搭載モデルが登場。その走りや乗り心地はどのようなものなのか、スポーティーグレードの“Fスポーツ”を駆って確かめた。

第一印象から華やか

レクサスのグランドツーリングセダン「GS200t“Fスポーツ”」が何に似ているかというと、筆者の知る限り、「トヨタ・クラウン アスリート」なのだった。
さくら、それを言っちゃぁ、おしめえだよ。おしまいもなにも、おにいちゃん、2850mmのホイールベースが同じで、前ダブルウィッシュボーン、後ろマルチリンクのサスペンションの形式も同じで、8段ATのギアリングも寸分たがわない。そんなこと世間さまはとっくに承知よ。

ま、そんなワケで、新たに2リッター4気筒直噴ターボのD-4STを搭載したGSの印象を以下に記す。試乗車は、内外装にスポーティーなコスメティックを施し、スポーツサスペンションを与えた“Fスポーツ”である。鮮やかな「レッドマイカクリスタルシャイン」なるボディー色は、大仰なスピンドルグリルとよく似合っていて、華やかなスターのムードを醸し出している。

スポーティーかつ豪華なシートに座り、ダッシュボードの丸いスターターボタンを押すと、例によって「♪たららららん」というレクサス共通の、どこかのんびりした電子音がどこかから聞こえてくる。「♪たららららん」という電子音を聞くと、不思議と癒やされるような心持ちになる。「♪ちゃぁ~ん、チャララララン~」という哀愁を帯びた音楽が流れると、いよっ、寅さん! と声に出したくなるのと同じだ。音楽というのは誠にすごい。「今日は◯月×日△曜日……」と、朝一には人工音声が日にちも教えてくれる。親切なことこの上ない。シートにもステアリングにも付いているヒーターは、冬の寒い時期にはありがたい装備だ。

「レクサスGS」の「200t」(2リッター直4ターボ搭載車)は、2016年9月にデビュー。パワーユニット別には、このほか3.5リッターV6+モーターの「450h」、3リッターV6の「350」、2.5リッター直4+モーターの「300h」がラインナップされる。
「レクサスGS」の「200t」(2リッター直4ターボ搭載車)は、2016年9月にデビュー。パワーユニット別には、このほか3.5リッターV6+モーターの「450h」、3リッターV6の「350」、2.5リッター直4+モーターの「300h」がラインナップされる。
オプションの「三眼フルLEDヘッドランプ」を装着した、テスト車のフロントまわり。メッシュタイプのグリルは、“Fスポーツ”専用のもの。
オプションの「三眼フルLEDヘッドランプ」を装着した、テスト車のフロントまわり。メッシュタイプのグリルは、“Fスポーツ”専用のもの。
“Fスポーツ”専用デザインの本革シート。運転席と助手席には、ベンチレーションとシートヒーターが備わる。
“Fスポーツ”専用デザインの本革シート。運転席と助手席には、ベンチレーションとシートヒーターが備わる。
水平基調のインストゥルメントパネルが与えられたインテリア。中央には12.3インチの大型モニターがレイアウトされる。
水平基調のインストゥルメントパネルが与えられたインテリア。中央には12.3インチの大型モニターがレイアウトされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。