ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)

何もかもがけた外れ 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。

豪勢で高性能

現代の高級車ビジネスとしては当然の成り行きではあるのだろうけれど、現実に市販モデルとなったその威容を目の当たりにすると、正直感嘆というよりも唖然呆然(あぜんぼうぜん)が入り交じったため息が出る。とんでもなく豪勢で、驚くほど高性能で、そしてもちろん高価なベントレー初のSUVがベンテイガである。SUVがごくごく当たり前の風景になっている今、ベントレーの参入をとやかく言う時代ではないのは百も承知ではあるが、それでもなあ、とどこか割り切れない気持ちは残る。あのベントレーがSUVに乗り出すなんて、まるで伝統と格式を誇る名門ファッションブランドが、トレーニングウエアを売り出すようなものではないか、という違和感が正直拭えないのである。

いっぽうでマーケットがそこに存在し、欲しがる顧客がいるのなら、古くさいことを言っている場合じゃない、という気持ちもある。そもそもベントレーは高性能でスポーティーなドライバーズカーで名を上げたブランドである。ロールス・ロイスがSUVを作るよりはずっと収まりがいいのも事実だし、便利で楽チンだからと政治家の先生方がこぞって国会に乗りつけるミニバンよりもずっと“きちんと感”があるのは、ベントレーとしての価値を疑われないようにあらゆる手を尽くしてあるからだろう。6リッターW12気筒ツインターボという超弩級エンジンを搭載し、贅(ぜい)を尽くしたベンテイガは、プレミアムなどという言葉を歯牙にもかけない雄渾(ゆうこん)なモンスターSUVである。

全長5150mm、車重2530kgという堂々たる体躯(たいく)を誇る「ベンテイガ」。車両価格は2695万円。
全長5150mm、車重2530kgという堂々たる体躯(たいく)を誇る「ベンテイガ」。車両価格は2695万円。
「ダブルウイング」と呼ばれるインパネの造形は、「ベントレーウイング」エンブレムのイメージを発展させたもの。
「ダブルウイング」と呼ばれるインパネの造形は、「ベントレーウイング」エンブレムのイメージを発展させたもの。
6リッターW12ツインターボエンジンは608psと91.8kgmを生み出す。
6リッターW12ツインターボエンジンは608psと91.8kgmを生み出す。
試乗車のボディーカラーは「ベンテイガブロンズ」。
試乗車のボディーカラーは「ベンテイガブロンズ」。
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る