その決意に感心する

その値段とともにほとほと感心するのは、重量についても重心高についても明らかに不利な大型SUVにもかかわらず、無理を貫き通して道理に作り変えるという断固とした決意である。足まわりは車高調整付きのエアサスペンションとアダプティブダンパーだが、その容量も並外れていなければ、これだけのマスを正確に支えることはできない。今後普及するとみられる48Vシステムをいち早く使った電動アクティブロールコントロールシステムも安定したハンドリングに貢献していることは間違いない。その徹底ぶりはSUVにもかかわらずスポーツカー並みのハイパフォーマンスを実現した最初の「カイエン ターボ」や、絶対に400km/hの壁を越えるという目標を貫いた「ブガッティ・ヴェイロン」に通じるものがあると思う。ドイツに同じようなことわざがあるかどうかは知らないが、まさに断固として行えば鬼神もこれを避ける、である。

とはいえ、そこまでハイパフォーマンスとラグジュアリーを同時に追求する必要があるのかという疑問も頭を離れない。少なくとも日本ではなかなかふさわしい使い方が思い浮かばないが、初年度の日本向け割り当てである80台はたちまち行き先が決まったという。ここまで来るともはや車としての性能とかセグメントなどでは捉えきれない。ベンテイガの荘厳さに魅かれたオーナーの皆さんには、ぜひ紳士的にこのけた外れのSUVを扱ってほしいと思うのである。

(文=高平高輝/写真=荒川正幸/編集=竹下元太郎)

48Vシステムをいち早く使った電動アクティブロールコントロールシステムが、山道でも安定したハンドリングをもたらす。
48Vシステムをいち早く使った電動アクティブロールコントロールシステムが、山道でも安定したハンドリングをもたらす。
丸型4灯のLEDヘッドライトからなるフロントデザインは、まごうことなきベントレー。外側ランプの中央部(ボディー同色部)にウオッシャーが隠れている。
丸型4灯のLEDヘッドライトからなるフロントデザインは、まごうことなきベントレー。外側ランプの中央部(ボディー同色部)にウオッシャーが隠れている。
アルファベットの「B」をモチーフにしたエアアウトレット。
アルファベットの「B」をモチーフにしたエアアウトレット。
今回の試乗距離は約290km。燃費(満タン法)は5.6km/リッターとなった。
今回の試乗距離は約290km。燃費(満タン法)は5.6km/リッターとなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベンテイガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る