テスト車のデータ

ベントレー・ベンテイガ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5150×1995×1755mm
ホイールベース:2995mm
車重:2530kg
駆動方式:4WD
エンジン:6リッターW12 DOHC 48バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:608ps(447kW)/5250-6000rpm
最大トルク:91.8kgm(900Nm)/1250-4500rpm
タイヤ:(前)285/40ZR22 110Y/(後)285/40ZR22 110Y(ピレリPゼロ)
燃費:12.8リッター/100km(約7.8km/リッター、EU複合モード)
価格:2695万円/テスト車=3638万0700円
オプション装備:オプショナルペイント(75万9700円)/ボディー同色ロアーエリアペイント(17万7300円)/コントラストステッチ(26万3300円)/コントラストステッチ(ステアリング)(2万7500円)/オールテレインスペック(ドライブダイナミクスコントロール、ラゲッジマネージメント、トップビューカメラ、アンダーフロアプロテクション)(80万1400円)/フロントシートコンフォートスペック(フロントシートマッサージ&ベンチレーション、3点シートベルトの自動高さ調整&メモリー、フロントコンフォートヘッドレスト)(47万3400円)/サンシャインスペック(ダブルサンバイザー、リアウィンドウの電動式ブラインド)(27万4800円)/ツーリングスペック(アダプティブクルーズコントロール、Bentleyセーフガードプラス、ヘッドアップディスプレイ、レーンアシスト、ナイトビジョン、トラフィックアシスト)(104万6100円)/リアプライバシーガラス(26万2400円)/ヒート機能付き3本ステアリング(12万6800円)/ディープパイルオーバーマット(6万5600円)/イベントスペック(42万5500円)/スモーカースペック(7万8000円)/ベントレーシグネチャーオーディオ(49万2900円)/ハンズフリーテールゲート(11万5200円)/バレーキー(3万7200円)/22インチ5本スポークアロイ(ポリッシュ)(107万6200円)/スペースセービングスペアホイール(9万2200円)/ボディーキット(283万5200円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:5994km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:288.1km
使用燃料:51.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:5.6km/リッター(満タン法)/6.1km/リッター(車載燃費計計測値)

ベントレー・ベンテイガ
ベントレー・ベンテイガ
 
ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベンテイガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る