「日産エルグランド」に白い本革シートの特別仕様車

2016.12.19 自動車ニュース
「日産エルグランド ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム」
「日産エルグランド ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム」拡大

日産自動車は2016年12月19日、「エルグランド」に特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」を設定し、販売を開始した。

「ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム」のインテリア。シート表皮には本革を採用する。
「ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム」のインテリア。シート表皮には本革を採用する。拡大
ステアリングホイールとインストゥルメントパネルには、ブラックメープルのフィニッシャーが施される。
ステアリングホイールとインストゥルメントパネルには、ブラックメープルのフィニッシャーが施される。拡大

今回の特別仕様車は、内装のドレスアップと機能面の強化が図られている。

内装では、シートとドアトリムにプレミアムホワイトレザーを採用。シート表皮には本革を使用し、ギャザーを入れることで上質感が演出されている。また、本革巻きステアリングとインストゥルメントパネルには、ブラックメープルのフィニッシャーを採用する。

機能面では、「パーソナルドライビングポジションメモリーシステム」を全車に標準装備。また、3.5リッターモデルでは「インテリジェントクルーズコントロール」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「アラウンドビューモニター」なども標準装備となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 250ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム(FF):413万6400円
  • 250ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム(4WD):442万8000円
  • 350ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム(FF):533万7360円
  • 350ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム(4WD):562万8960円

(webCG)

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化 2017.7.13 自動車ニュース 日産がワンボックス車「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。自動緊急ブレーキを全車標準装備としたほか、アラウンドビューモニターやバックドアオートクロージャーなどを新採用した。「Vモーショングリル」を強調した新しいデザインも特徴となっている。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る