第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
主査に聞く新型の見どころ

2016.12.21 エッセイ
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。

2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。

新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。

いいモノができたらどんどん投入する

「マツダ、ちょっといいよね」と多くの人に言われるようになったのは、2012年にCX-5が登場してからだ。一瞬、もう? と思ったが、12年に登場し、14年にマイナーチェンジしているので、早すぎるということはない。プレスリリースを見る限り、パワートレインもプラットフォームも流用のように見受けられるが、果たして、どこが変わったのか。まずはじっくりと眺めてから、開発責任者に話をうかがった。

まずは児玉眞也主査にインタビューした。インテリアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、スペインのフォード工場で「マツダ2(デミオ)」の生産に携わり、オーストラリアとタイでピックアップトラックを担当した後、現行「アクセラ」の主査を経て、新型CX-5の主査を務める。

――海外での販売台数を見ると、まだ右肩上がりなのにフルモデルチェンジするの、早くないですか?

児玉主査(以下、児玉):多くの人から少し早いんじゃないかと言われます。実際まだ5年たっていないですからね。けれど、最近のマツダを見ていただければわかると思うのですが、いいモノができたら、できたタイミングでどんどん投入するという姿勢ですからそれにのっとったということでしょうか。今の世界的なコンパクト~ミドルクラスのSUVブームに乗り遅れたくなかったというのもあります。

――CX-5はマツダの新世代商品群の第1弾で、このクルマをきっかけにマツダが変わったといっても過言ではない重要なモデルですが、その新型の主査はプレッシャーでしたか?

児玉:自分で勝手に財務データを確認して気づいたんですが、CX-5はマツダの収益のおよそ4割を稼ぎ出しているモデルなんです。なのでプレッシャーはありました。たくさんの新しいマツダユーザーを獲得してくれたモデルですから、せっかく獲得したお客さんの心がマツダから離れてしまわないようなモデルチェンジにしなくてはなりませんし。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る