第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
主査に聞く新型の見どころ

2016.12.21 エディターから一言
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。

2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。

新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。

いいモノができたらどんどん投入する

「マツダ、ちょっといいよね」と多くの人に言われるようになったのは、2012年にCX-5が登場してからだ。一瞬、もう? と思ったが、12年に登場し、14年にマイナーチェンジしているので、早すぎるということはない。プレスリリースを見る限り、パワートレインもプラットフォームも流用のように見受けられるが、果たして、どこが変わったのか。まずはじっくりと眺めてから、開発責任者に話をうかがった。

まずは児玉眞也主査にインタビューした。インテリアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、スペインのフォード工場で「マツダ2(デミオ)」の生産に携わり、オーストラリアとタイでピックアップトラックを担当した後、現行「アクセラ」の主査を経て、新型CX-5の主査を務める。

――海外での販売台数を見ると、まだ右肩上がりなのにフルモデルチェンジするの、早くないですか?

児玉主査(以下、児玉):多くの人から少し早いんじゃないかと言われます。実際まだ5年たっていないですからね。けれど、最近のマツダを見ていただければわかると思うのですが、いいモノができたら、できたタイミングでどんどん投入するという姿勢ですからそれにのっとったということでしょうか。今の世界的なコンパクト~ミドルクラスのSUVブームに乗り遅れたくなかったというのもあります。

――CX-5はマツダの新世代商品群の第1弾で、このクルマをきっかけにマツダが変わったといっても過言ではない重要なモデルですが、その新型の主査はプレッシャーでしたか?

児玉:自分で勝手に財務データを確認して気づいたんですが、CX-5はマツダの収益のおよそ4割を稼ぎ出しているモデルなんです。なのでプレッシャーはありました。たくさんの新しいマツダユーザーを獲得してくれたモデルですから、せっかく獲得したお客さんの心がマツダから離れてしまわないようなモデルチェンジにしなくてはなりませんし。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る