第481回:パパは車中でお留守番!?
かくも異なる日伊ショッピング事情

2016.12.23 マッキナ あらモーダ!

日本車のよさは「気配り」にあり

2016年11月、東京で「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」の記者発表会に出席する好機に恵まれた。

車両の詳しい解説や開発を担当したダイハツのチーフエンジニアインタビューは、ほかのページに譲る。ボク自身が驚いたのは、発表会で外観のデザインを表現するのに「迫力」という言葉が使われたことだ。欧州車のプレスリリースでも「ダイナミック」というフレーズはたびたび用いられるが、ちょっとニュアンスが違う。シティーユース中心のコンパクトカーに迫力が求められるのは、日本市場の特性である。

一方、いつもながら感動するのは、欧州車ではなかなか見られない“気配り”だ。

ペットボトルが何本も入る「脱着式大型センターダストボックス」、飲料の缶と四角い紙パックのどちらも難なく立てられる「回転式カップホルダー」、車内を汚すことなく自転車などを搭載できる「多機能デッキボード」……と、使える装備が満載である。

わが女房は、日ごろから、わが家の欧州製コンパクトカーのダイヤル式シートリクライニングひとつで「日本車のようにレバーひとつで一気に倒せず、まったくもって不便」とブーブー文句を言う。彼女がもし日本に住んでいたら、ダイハツやトヨタのショールームに入って1時間もしないうちに成約のハンコを押してしまうだろう。

2016年11月9日、東京都内のホテルで催された「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」の記者発表会で。
2016年11月9日、東京都内のホテルで催された「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」の記者発表会で。拡大
「トヨタ・ルーミー」。ダイハツからOEM供給される、「トール」の兄弟車である。
「トヨタ・ルーミー」。ダイハツからOEM供給される、「トール」の兄弟車である。拡大
こちらは、本文で触れた「回転式カップホルダー」。ストッパーを調節することで、筒型と直方体、いずれの容器にも対応する。
こちらは、本文で触れた「回転式カップホルダー」。ストッパーを調節することで、筒型と直方体、いずれの容器にも対応する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事