第215回:クルマ愛・究極の証し? 自動車タトゥー流行の兆し

2011.10.14 エッセイ

第215回:クルマ愛・究極の証し? 自動車タトゥー流行の兆し

元考古学者まで

先日会ったモナコの知人いわく、「たとえどんな絶世の美女でもタトゥーをしていることがわかった途端、百年の恋も冷める」のだそうだ。個人的なことをいえば、ボクも同じである。まあ痛いものが苦手で、中学を最後にこの年になるまでインフルエンザ予防接種を受けたことがないという臆病な性格も背景にあるのだが。

タトゥーのブームはとどまるところを知らない。イタリアでは若者のファッションとして定着しつつあり、大都市にはここ数年でタトゥーショップがずいぶん増えた。テレビに出演する有名女性芸能人も、目立つところにタトゥーを入れていたりする。
それにしたがい、「タトゥー=コワい人」のイメージも薄くなった。「刺青(いれずみ)のある方お断り」を掲げる施設も、ボクの知る限りない。
最近ではあまりの過熱ぶりを抑制すべく、未成年(こちらでは18歳未満)へのタトゥー施術は、保護者の承諾を必要とする条例が各地の自治体で整備されつつあるくらいだ。

知り合いのシモーネ君は、シエナ大学を卒業後にしばらく古代ローマを専門とする考古学者だったという、インテリタバコ店主である。
彼も両足首にタトゥーがある。片方は2001年に彫ってもらったもので、アイルランド発祥の古い図柄という。もう片方はイニシャルなので何かと聞けば、2006年にお母さんが亡くなったとき、記念に彼女のイニシャルを入れたのだそうだ。「いずれも骨のそばだったから、たいして痛くなかったよ」と彼は施術時を振り返る。

ちょっとだけヨ。タバコ店主・シモーネ君も足にタトゥーを入れている。
ちょっとだけヨ。タバコ店主・シモーネ君も足にタトゥーを入れている。
もう片方には、亡き母親のイニシャルが。
もう片方には、亡き母親のイニシャルが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。