第23回:さあ往こう、ディーゼルの沃野を!!

2016.12.27 カーマニア人間国宝への道

カーマニアゆえのこだわり

ということで、欧州のオシャレ牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」とシアワセな生活を過ごしている私だが、こんなマニアック&激レアな中古車のことを延々と書いていても、「ちっとも我々の役に立たん!」と、お怒りの読者さまもいらっしゃることだろう。

ためしに中古車サイトでランチア・デルタを検索してみたところ、人気の「インテグラーレ」系が大部分を占め、私の愛する最終デルタは6台のみ、1.6マルチジェットはたった2台! うち1台は走行20kmの登録未使用車(!!)、魅惑の「S」仕様、6MTで328万円!!!! ウヒー、そそられる。

これまたちーとも読者さまの役に立たないことだが、デルタのS仕様というのは、ただのデルタオーナーの自分にとっては憧れの存在、「フェラーリ458」でいえば「458スペチアーレ」のようなものである。私が実行したグリルのガンメタ化とダッシュボードセンターのピアノブラック化は、実はまんまデルタS仕様のマネなのだ!

いや、正確には、全部マネではない。「グリルをガンメタにしたい」というのはS仕様を知る前からの私の直観だった。一方ダッシュボードセンターのピアノブラック化は、旧知のラテン車専門店「CARBOX横浜」の吉田社長の提案で、氏の脳内にはこのS仕様があったとのこと。結果的にまんまS仕様のマネになったという仕儀である。

さらに読者さまの役に立たない情報を書き連ねるが、私は先般その吉田社長に、「ランチア・デルタ1.9ツインターボ マルチジェット(ディーゼル)6MT」の中古車に試乗させていただいたのである!

筆者と「フェラーリ458スペチアーレ」。
筆者と「フェラーリ458スペチアーレ」。拡大
筆者の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)拡大
「CARBOX横浜」
「CARBOX横浜」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事