【東京オートサロン2017】ダイハツ、11台のコンセプトカーを出展

2016.12.22 自動車ニュース
「SPORZAブーン シルク」
「SPORZAブーン シルク」

ダイハツ工業は2016年12月22日、東京オートサロン2017(開催期間:2017年1月13日~15日)への出展概要を発表した。

「SPORZAコペン」
「SPORZAコペン」
「Grand Customムーヴ」
「Grand Customムーヴ」
「Grand Customトール」
「Grand Customトール」
「Beach Cruisin’ブーン」
「Beach Cruisin’ブーン」
「Beach Cruisin’ムーヴ キャンバス」
「Beach Cruisin’ムーヴ キャンバス」
「CROSS FIELDキャスト アクティバ」
「CROSS FIELDキャスト アクティバ」
「CROSS FIELDウェイク」
「CROSS FIELDウェイク」

ダイハツブースは、「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、4つのカテゴリーでコンセプトカーを出展する。

カテゴリーの1つ目は「SPORZA(スポルザ)」。ダイハツ往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」や「TR-XX」の要素を、現代仕様として復活させた。赤×黒の専用ボディーカラーにゴールドのアルミホイールを組み合わせ、上質なスポーツテイストが演出されており、個性で際立つ、ダイハツスポーツラインナップの再始動を想起させるコンセプトカーだという。

2つ目は「Grand Custom(グランドカスタム)」。専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで圧倒的な存在感を表現したコンセプトカーで、迫力と優美さを身にまとった、至高のカスタムスタイルを提案するという。

3つ目は「Beach Cruisin’(ビーチ クルージン)」。専用ボディーカラーとオリジナルのラッピングにより、雰囲気を重視した新たな形を提案するコンセプトカーで、ライフスタイルをゆるく、のんびり、スローに楽しむためのクルマが表現されている。

4つ目は「CROSS FIELD(クロス フィールド)」。マットに仕上げた専用ボディーカラーと、オリジナルのDラッピングなどでアクティブ感が付加されている。外遊びが好きな「大人の趣味人」が、遊びのフィールドを広げるための一台が表現されている。

カスタムカーのラインナップは以下の通り。

【SPORZA】

  • ブーン シルク
  • トール
  • ムーヴ キャンバス
  • コペン

【Grand Custom】

  • トール カスタム
  • タント カスタム
  • ムーヴ カスタム

【Beach Cruisin’】

  • ブーン
  • ムーヴ キャンバス

【CROSS FIELD】

  • キャスト アクティバ
  • ウェイク

(webCG)

関連キーワード:
東京オートサロン2017ダイハツイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事