「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)

2016.12.22 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。6.2リッターV8 OHVスーパーチャージャーユニットのピークパワーは実に659ps。低く、広く構えたボディーは一体どんな走りを披露するのだろうか。谷口が愛をもって挑む!?

 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像

659psがさく裂すると……

「いやあ、このクルマは面白いですよ」
谷口信輝がようやくコルベットZ06の走りの印象を語り始めてくれた。

「ここ(試乗のスタート地点)からブーンと出て行って、あの最初のカーブを曲がったとき、もう、笑っちゃいましたよ」
なにがおかしかったのか?
「もう、ガサツ。粗い。サスペンションが硬すぎて跳ねるし、ブッシュもグニャグニャ」
久しぶりに歯に衣(きぬ)着せぬ谷口が現れたようだ。
「エンジンはすごいパワフルですよ。もう、凶暴といってもいいくらい力がある。踏めばぐわっとエンジンパワーがわき上がってくるし、サウンドもいい。でも、シャシーはまったくダメ。本当に、冗談かって感じですよね」

私も試しに乗ってみたが、たしかにコルベットZ06のサスペンションは硬い。それもただ硬いだけでなく、ストロークするときのしなやかさが不足気味で、路面が荒れていると断続的にグリップを失う傾向がある。しかも、6.2リッターV8エンジンにはスーパーチャージャーが組み合わされて659psの暴力的ともいえるパワーを生み出すからたまらない。コーナリング中にリアのグリップが薄くなったところで不用意にスロットルペダルを踏み込めば簡単にトラクションコントロールが効き始めるし、発進時に乱暴な運転をすれば後輪は空転するばかりでちっとも前に進まないという状況にもなりかねない。

ただし、シボレーの名誉のために付け加えておくと、同じ6.2リッターV8エンジンでもスーパーチャージャーを組み合わせていない「コルベットZ51」であればそんな事態に陥ることもない。それも、単にZ06より最高出力が200ps近く少ないからというだけではなく、サスペンションがはるかにしなやかで、タイヤが路面にしっかりと追随してくれるからだ。しかもボディー剛性は高いから、「C6」までのコルベットとは別次元の、シュアで安心感の強いコーナリングを示してくれる。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)【試乗記】 2015.10.7 試乗記 アメリカが誇る高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、最高出力659psの過給機つき6.2リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンモデル「Z06」が登場。迫力のルックスと豪快な加速性能だけにとどまらない、“史上最強のコルベット”の魅力に触れた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る