安全・環境・基礎分野での日産の先進技術を体験

2011.10.13 自動車ニュース
日産の「安全・環境・基礎」における先進技術を体験

日産の「安全・環境・基礎」分野における先進技術を体験

恒例となっている日産自動車の「先進技術説明会」が、横浜の追浜工場に隣接したテスト施設「追浜グランドライブ」で開催された。

見えないクルマによる危険を知らせることで、玉突き事故を防ぐ技術「プレディクティブ フォワードコリジョンワーニング」を体験するところ。一番後ろのクルマに乗車する。
見えないクルマによる危険を知らせることで、玉突き事故を防ぐ技術「プレディクティブ フォワードコリジョンワーニング」を体験するところ。一番後ろのクルマに乗車する。
乗ってみると、先頭車両は全く見えない。
乗ってみると、先頭車両は全く見えない。
スタートして、先頭車がブレーキを踏んで減速すると(もちろんまったく見えませんが)、警告音と同時にシートベルトが巻き上げられる。すると即座にすぐ前のクルマが前車をよけるように車線変更を行った。警告音などのおかげで、スムーズに減速することができた。
スタートして、先頭車がブレーキを踏んで減速すると(もちろんまったく見えませんが)、警告音と同時にシートベルトが巻き上げられる。すると即座にすぐ前のクルマが前車をよけるように車線変更を行った。警告音などのおかげで、スムーズに減速することができた。

日産自動車が毎年、「先進技術説明会」を実施していることは、過去のニュースで知っている人もいるだろう。ただ今年は、EV(電気自動車)のプロトタイプといった大物はなく、登場がうわさされていた前輪駆動のハイブリッドカーは、残念ながら技術展示だけだった。
つまり全般的に小粒だったともいえるけれど、「山椒(さんしょう)は小粒でもピリリと辛い」のことわざどおり、日々のドライビングですぐに役立ちそうな技術が多かったのもたしかである。そのなかでも気になった技術を中心に報告する。

手品のようなテクノロジー

今回は、「安全技術」「環境技術」「基礎技術」の3つに大別できた。そのうち安全技術については、車体前後に内蔵したカメラを使って周囲の人やクルマの存在を教えたり、レーダーを用いて2台前を走るクルマの減速をアイコン表示と音とシートベルトの巻き上げで知らせたり、アクセルとブレーキのペダル踏み間違いによる事故を軽減したりという技術があった。

最近事故が増えているペダル踏み間違いについては、「アラウンドビューモニター」と超音波ソナーを活用して駐車枠や周囲の壁などを検知し、アクセルペダルを踏んでもエンジンのスロットルを開けない制御を用いていた。体験では、壁を前にしてフルスロットルを与えても車両はゆるゆるとしか進まず、壁の直前で自動停止してくれた。

この技術、たしかに画期的だ。でも次の瞬間には、壁や駐車枠がない場所ではどうなんだろう? と考えるようになった。
たとえばスマートフォンには、誤動作防止のロックスイッチがある。それと同じように、特定のペダルやスイッチを操作しないとアクセルを踏んでも発進しないようにするなど、根本的な解決を施す時期にきているのではないかという気もした。

逆に2台前のクルマの減速を知らせてくれる機構は、すぐ前の車両が車線変更を行う前から、2台前のクルマがブレーキをかけたことを音とアイコン表示とシートベルトの張りで教えてくれるという、手品のようなテクノロジーだった。欲をいえば、一部の輸入車のように、ビックリするぐらい大きな音や明るい光で注意を促してくれたほうがいい。「二度とお世話になりたくない」と思うぐらいのほうが、安全運転に結び付くはずだからだ。

ペダルの踏み間違い事故を防ぐ技術を体験。これは「駐車枠の検知」「加速抑制」「衝突回避支援ブレーキ」などの動作を組み合わせたもの。 まず駐車スペースに入ると場所の特定をするために、アラウンドビューモニターで駐車枠を検知し、駐車場であることを確認する。この位置でアクセルを踏むと踏み間違いと判断し、加速抑制がかかり、急発進を避ける事ができる。
ペダルの踏み間違い事故を防ぐ技術を体験。これは「駐車枠の検知」「加速抑制」「衝突回避支援ブレーキ」などの動作を組み合わせたもの。
まず駐車スペースに入ると場所の特定をするために、アラウンドビューモニターで駐車枠を検知し、駐車場であることを確認する。この位置でアクセルを踏むと踏み間違いと判断し、加速抑制がかかり、急発進を避ける事ができる。
それでも気が付かない場合、ソナーで障害物を検知し、障害物がある場合は自動ブレーキが作動し衝突を防ぐ。
それでも気が付かない場合、ソナーで障害物を検知し、障害物がある場合は自動ブレーキが作動し衝突を防ぐ。
「非接触充電システム」
「非接触充電システム」
地上送電ユニットのコイルに電流を流すことで発生する磁力を利用し、クルマに搭載する受電ユニットのコイルに電圧を発生させ充電を行う。普通充電と同等の充電効率で充電が可能という。
地上送電ユニットのコイルに電流を流すことで発生する磁力を利用し、クルマに搭載する受電ユニットのコイルに電圧を発生させ充電を行う。普通充電と同等の充電効率で充電が可能という。
新しく開発された「疲れないシート」を体験。従来型シートと新開発シートの座り心地を比べるとその違いがよく分かる。
新しく開発された「疲れないシート」を体験。従来型シートと新開発シートの座り心地を比べるとその違いがよく分かる。

■疲労の少ない快適シート

環境技術では、新世代CVTの試乗のほか、EVの非接触充電システムと電力供給システムの実演、次世代燃料電池スタックと前述の前輪駆動用ハイブリッドシステムの技術展示があった。個人的にもっとも興味のあったのはEV関連の二つの技術で、日本がこの面で世界のトップランナーであることを実感した。でも「見せる力」つまりデザインについては、さらなる洗練を望みたい。

基礎技術では、固さと粘りを両立した超高張力鋼板、車体変形を考慮したボディー設計、快適で疲労の少ないシート開発がトピックだった。
無重力空間で人間が脱力したときの姿勢をヒントに、独自のシートシミュレーターと人体筋骨格モデルを使って開発したシートは、既存の製品と座り比べると、肩から腰にかけてを均一に支えてくれることが瞬時に体感できた。

すべての日産車にこのシートが装着されるのは、それはそれですてきなことだが、もっと分かりやすい伝え方として、「GT-R」などのプレミアムカー向けに、オーナーの体格を測定してシートを製作するビスポークプログラムを設定しても面白いのではないだろうか。

このシートを含めて、個々の技術はどれも素晴らしかった。だからこそ、どう見せ、どう伝えるかが大事だと感じた。米アップルのスティーブ・ジョブズ会長が亡くなった直後だから、そう思ったのかもしれない。スマートフォンがこれだけ普及したのは、ハイテクだけが理由じゃなかったわけだし。
先進技術をどう表現するか。デザイン力にたけている日産だからこそ、この面についても期待したい。

(文=森口将之/写真=荒川正幸)

体圧分布計測でその違いを目で見る事もできた。
体圧分布計測でその違いを目で見る事もできた。
家庭の電力を日産リーフのバッテリーから供給する「電力供給システム」。住宅の分電盤に接続された電力制御装置「PCS」を介して、日産リーフの急速充電コネクターから電力の供給が行われている様子。
家庭の電力を日産リーフのバッテリーから供給する「電力供給システム」。住宅の分電盤に接続された電力制御装置「PCS」を介して、日産リーフの急速充電コネクターから電力の供給が行われている様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。