クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シトロエンC4カクタス(FF/5AT)

21世紀の2CV 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。

まずは限定200台で登場

2016年の年の瀬、ステキな体験をした。久々に異世界から来た乗り物に乗った。そういう感覚がとても新鮮で面白かった。筆者にとっては、webCG編集部からのクリスマスプレゼントといいたいぐらいです。C4カクタスは待望の、これぞリアルシトロエンというべき小型車だった。待ちくたびれて免許を返上しようかと思っていたシトロエニストのみなさん、21世紀の2CVが出ました!

サイズは全長4mちょっとで、ホイールベースは2595mm、ということはいわゆるCセグメント、「ゴルフ」クラスである。と思ったけれど、いまやゴルフは全長4265mm、ホイールベース2635mmにまで大型化している。とはいえ「ポロ」は全長3995mmで、ホイールベース2470mmだから、それよりはだいぶ大きい。

本国にはディーゼルもあるけれど、10月に国内発売となった初回限定200台のC4カクタスは1.2リッター自然吸気の3気筒のみである。最高出力はいまどきたったの82ps。これが実にイイ!

プラットフォームはPSAのPF1という、「シトロエンC3」や「DS 3」、プジョーだと「207」「208」「2008」等に使われているサブコンパクト用を流用する。たとえば、C3のホイールベースは2466mmだから、130mmほど引き延ばしている。おかげでこのクラスとしては異例に軽い。テスト車は、日本仕様にはないパノラマルーフながら、それでも車重は1090kg。フォルクスワーゲン・ゴルフは1240kg、「C4」だと1320kgもある。パワートレインを同じくするC3より50kgも軽く仕上がっているのはオドロキだ。

それぢゃ、ボディーがペコペコ、ユルユル、ガタガタなのでは? というような心配はまったくご無用だ。敷居とか鴨居(かもい)がしっかりしていて、きっちり感がある。

ペコペコするのは外見上の最大の特徴であるAIRBUMP(エアバンプ)である。ボディーのサイドに貼られたポリウレタン素材で、中にエアが入っていて、4km/hまでの衝突からボディーを保護する。おまけに、本国では全部で4色用意されていて、パーソナライゼーションに貢献する。日本に輸入される初回分の200台はボディー色が白のみ茶色で、あとは全部黒なのは惜しい。でも、黒ボディーに黒AIRBUMPとか実にシブい組み合わせだったりする。シトロエンの特許であるこれは、機能とファッションを併せ持つカクタス(英語で「サボテン」)の必殺技のひとつということになる。

まずは200台の限定車として日本に導入された「C4カクタス」。C4の名を持つが、「C3」や「プジョー208」などと同じサブコンパクト用のプラットフォームが使用されている。
まずは200台の限定車として日本に導入された「C4カクタス」。C4の名を持つが、「C3」や「プジョー208」などと同じサブコンパクト用のプラットフォームが使用されている。拡大
ダッシュボードの造形は直線的。インパネの助手席側やドアグリップにスーツケースをモチーフとしたデザインが施されており、見る者の遊び心を誘う。
ダッシュボードの造形は直線的。インパネの助手席側やドアグリップにスーツケースをモチーフとしたデザインが施されており、見る者の遊び心を誘う。拡大
1.2リッター直3自然吸気エンジンは「C3」と同様に82psと12.0kgmを発生する。
1.2リッター直3自然吸気エンジンは「C3」と同様に82psと12.0kgmを発生する。拡大
ボディーの側面に貼られた「エアバンプ」。ポリウレタン製で空気を内包している。
ボディーの側面に貼られた「エアバンプ」。ポリウレタン製で空気を内包している。拡大
注目の記事PR
  • 驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。
    驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。 トヨタ・ランドクルーザープラド
注目の記事一覧へ

これぞシトロエンのインテリア

丸くって四角いエクステリアは、顔がパラパラまんがの達人、鉄拳みたいにも、南米に住むカピバラみたいにも見える。かわいくもあるけれど、コワくもある。

ドアを開けて座ってみる。運転席と助手席で一応独立しているけれど、「シトロエンGS」みたいにフカフカで、いきなりリラックスムード。SUVを名乗るけれど、特に着座位置が高いということはない。

眼前のメーターは四角いデジタルの速度表示のみで、先進的というよりは、どこか70年代っぽくもあるし、フューチャーレトロのようでもある。ステアリングホイールが1本スポークでないのはまことに惜しいけれど、そう昔のままというわけにもいかない。

始動はフツウにキイを回す。1.2リッターの3気筒ユニットは静かに目覚める。センターコンソールからニョキッと突き出たそれはシフトレバーかと思ったら単なるパーキングブレーキのレバーで、ギアシフトはダッシュボードの大きな丸にNと、小さな丸にRとD、全部で3つのボタンで行う。変形楕円(だえん)のステアリングにはシフトパドルも付いている。フェラーリみたいに左右いっぺんに手前に引いたらニュートラルになるかと思ったら、そういうことは起きなかった。Dボタンを地道に押す。

左右がつながったベンチシート風デザインの前席(2人用)。中央にアームレストが備わる。
左右がつながったベンチシート風デザインの前席(2人用)。中央にアームレストが備わる。拡大
ホイールベースが2595mmと長めなこともあり、サブコンパクトクラスにしては後席の足元に余裕がある。
ホイールベースが2595mmと長めなこともあり、サブコンパクトクラスにしては後席の足元に余裕がある。拡大
トランスミッションは5段AT(シングルクラッチ式)。センターパネルにボタン式のシフトセレクターが用意される。その手前にある、一見シフトセレクターと勘違いしそうなレバーはパーキングブレーキ。
トランスミッションは5段AT(シングルクラッチ式)。センターパネルにボタン式のシフトセレクターが用意される。その手前にある、一見シフトセレクターと勘違いしそうなレバーはパーキングブレーキ。拡大

のんびりまったりとした走り

ゼロスタートはまことにのどかだ。田園風景を走るシトロエン2CVのようにのんびりしている。遅い。ギアボックスは5段エフィシェント・トロニックというロボタイズドオートマチックで、このシングルクラッチのギアボックスの自動変速ぶり、シフトのまったり具合が非力な1.2リッター3気筒の遅さに輪をかけて、浮世離れしている。

最高出力82psは5750rpmで、最大トルク12.0kgmは2750rpmで発生する。極低速トルクは超細い。アクセルペダルを踏んでもクルマがついてこない。中速トルクはけっこうイケる。タコメーターがないのでわからないけれど、ギアが3速に入ると、活発に感じる。足まわりはウニウニしながら、フラットに走るその様は、ソフトで優しい感じ。ハイドロニューマチックでこそないものの、みんなが待っていたシトロエンの味わいだ。

5段エフィシェント・トロニックはその名の通り効率重視で、アクセルペダルを踏み込んでも、なかなかキックダウンしてくれない。左側のパドルを引いてダウンシフトしても、右足に隙ができたと見るや、直ちにアップする。低いギアをキープしようという考えがハナからない。ただ、パドルでギアダウンしたときの反応自体は意外と敏しょうで、そこからの加速は小気味がいい。

50歳まで現役を続けた中日の山本昌投手は投球術で遅い球を速く見せていたというけれど、C4カクタスはそれだ。いつも遅い。だから、ツボにはまるとけっこう速く感じる。そのツボは最大トルクを紡ぎ出す3000rpmあたりあると思われるけれど、なんせタコメーターがないのでわからない。

ちなみにエンジンは意外と静かで、高回転まで無理やり回しても、ヴウウウ~ンという控えめな乾いたサウンドを発するのみ。室内にこもり音が発生することもなく、高速巡航を快適にこなす。

ボディーサイズは4155×1735×1530mmで、最低地上高は150mm(試乗車に備わるガラスルーフは日本仕様では未設定)。
ボディーサイズは4155×1735×1530mmで、最低地上高は150mm(試乗車に備わるガラスルーフは日本仕様では未設定)。拡大
速度表示のみのデジタルメーター。どこかフューチャーレトロな味わいが漂う。
速度表示のみのデジタルメーター。どこかフューチャーレトロな味わいが漂う。拡大
スーツケースを模したデザインが施されたグローブボックス。ふたは上方に開く。
スーツケースを模したデザインが施されたグローブボックス。ふたは上方に開く。拡大
荷室容量は358~1170リッター(欧州仕様参考値)。(クリックすると荷室のバリエーションが見られます)
荷室容量は358~1170リッター(欧州仕様参考値)。(クリックすると荷室のバリエーションが見られます)拡大

ヘンテコを愛すすべての人へ

ステアリングはいかにも電動パワーステアリングらしくて、高速道路に上がるとがぜん重くなる。これが高速でのスタビリティーの高さに寄与していると思われる。

箱根のターンパイクのような中高速コーナーの連続は得意科目で、ロードホールディングがいかにもよさげに曲がる。ロールは許すけれど、自然で心地がよい。非力なので上りはガクッとスピードが落ちる。3速、4速、5速で最高速が同じなのだ。下りは速いけれど、速いことに驚きはない。

C4カクタスは遅いってことのステキさを思い出させてくれる。2CVを思い出したくらいに遅い。平和だ。ピース! いったん速度が落ちると、従前のスピードを取り戻すのに時間がかかる。その間を味わうのもまた一興である。

フラットアウト、全開でどこまでも走る。フラットな大地を非力なエンジンでぶっ飛ばす。それがかつてのフランス車の醍醐味(だいごみ)だったわけだけれど、C4カクタスにはその醍醐味がある。webCG編集部から自宅へ戻る際の首都高速でグルグル回ってしまったのは、分岐で間違えたせいもあるけれど、家にそのまま帰るのが惜しかったのである。

リアのドアのガラスが昔のミニみたいにヒンジで外側にちょっとしか開かないこととか、バックするとき、Rボタンを押してから動き出すまでにものすごく時間がかかって、とっても運転が心もとなく外から見ていたら思われてしまうであろうこと等、気になる点もあるけれど、そんな欠点も含めて、シトロエンC4カクタスはヘンテコを愛すすべての人のためのクルマだ。

(文=今尾直樹/写真=小河原認/編集=竹下元太郎)

試乗車のボディーカラーは専用色の「ハロー イエロー」。この色を含め、限定車には全5色が用意された。
試乗車のボディーカラーは専用色の「ハロー イエロー」。この色を含め、限定車には全5色が用意された。拡大
タイヤサイズは前後とも205/50R17。
タイヤサイズは前後とも205/50R17。拡大
後席のサイドウィンドウは、前ヒンジで外側にわずかに開くタイプ。
後席のサイドウィンドウは、前ヒンジで外側にわずかに開くタイプ。拡大
限定車ではルーフレールや、後席サイド/リアのスーパーティンテッドガラスが標準で装備された。
限定車ではルーフレールや、後席サイド/リアのスーパーティンテッドガラスが標準で装備された。拡大

テスト車のデータ

シトロエンC4カクタス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4155×1735×1530mm
ホイールベース:2595mm
車重:1070kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ
トランスミッション:5段AT
最高出力:82ps(60kW)/5750rpm
最大トルク:12.0kgm(118Nm)/2750rpm
タイヤ:(前)205/50R17 89V/(後)205/50R17 89V(グッドイヤー・エフィシエントグリップ)
燃費:--km/リッター
価格:238万円/テスト車=239万9980円
オプション装備:カクタス専用ソリッドボディーペイント(ハロー イエロー)(1万9980円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:3105km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:267.4km
使用燃料:18.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:14.7km/リッター(満タン法)/15.3km/リッター(車載燃費計計測値)

シトロエンC4カクタス
シトロエンC4カクタス拡大
 
シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
C4カクタスシトロエンSUV試乗記

あなたにおすすめの記事