シトロエンC4カクタス(FF/5AT)

21世紀の2CV 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。

まずは限定200台で登場

2016年の年の瀬、ステキな体験をした。久々に異世界から来た乗り物に乗った。そういう感覚がとても新鮮で面白かった。筆者にとっては、webCG編集部からのクリスマスプレゼントといいたいぐらいです。C4カクタスは待望の、これぞリアルシトロエンというべき小型車だった。待ちくたびれて免許を返上しようかと思っていたシトロエニストのみなさん、21世紀の2CVが出ました!

サイズは全長4mちょっとで、ホイールベースは2595mm、ということはいわゆるCセグメント、「ゴルフ」クラスである。と思ったけれど、いまやゴルフは全長4265mm、ホイールベース2635mmにまで大型化している。とはいえ「ポロ」は全長3995mmで、ホイールベース2470mmだから、それよりはだいぶ大きい。

本国にはディーゼルもあるけれど、10月に国内発売となった初回限定200台のC4カクタスは1.2リッター自然吸気の3気筒のみである。最高出力はいまどきたったの82ps。これが実にイイ!

プラットフォームはPSAのPF1という、「シトロエンC3」や「DS 3」、プジョーだと「207」「208」「2008」等に使われているサブコンパクト用を流用する。たとえば、C3のホイールベースは2466mmだから、130mmほど引き延ばしている。おかげでこのクラスとしては異例に軽い。テスト車は、日本仕様にはないパノラマルーフながら、それでも車重は1090kg。フォルクスワーゲン・ゴルフは1240kg、「C4」だと1320kgもある。パワートレインを同じくするC3より50kgも軽く仕上がっているのはオドロキだ。

それぢゃ、ボディーがペコペコ、ユルユル、ガタガタなのでは? というような心配はまったくご無用だ。敷居とか鴨居(かもい)がしっかりしていて、きっちり感がある。

ペコペコするのは外見上の最大の特徴であるAIRBUMP(エアバンプ)である。ボディーのサイドに貼られたポリウレタン素材で、中にエアが入っていて、4km/hまでの衝突からボディーを保護する。おまけに、本国では全部で4色用意されていて、パーソナライゼーションに貢献する。日本に輸入される初回分の200台はボディー色が白のみ茶色で、あとは全部黒なのは惜しい。でも、黒ボディーに黒AIRBUMPとか実にシブい組み合わせだったりする。シトロエンの特許であるこれは、機能とファッションを併せ持つカクタス(英語で「サボテン」)の必殺技のひとつということになる。

まずは200台の限定車として日本に導入された「C4カクタス」。C4の名を持つが、「C3」や「プジョー208」などと同じサブコンパクト用のプラットフォームが使用されている。
まずは200台の限定車として日本に導入された「C4カクタス」。C4の名を持つが、「C3」や「プジョー208」などと同じサブコンパクト用のプラットフォームが使用されている。
ダッシュボードの造形は直線的。インパネの助手席側やドアグリップにスーツケースをモチーフとしたデザインが施されており、見る者の遊び心を誘う。
ダッシュボードの造形は直線的。インパネの助手席側やドアグリップにスーツケースをモチーフとしたデザインが施されており、見る者の遊び心を誘う。
1.2リッター直3自然吸気エンジンは「C3」と同様に82psと12.0kgmを発生する。
1.2リッター直3自然吸気エンジンは「C3」と同様に82psと12.0kgmを発生する。
ボディーの側面に貼られた「エアバンプ」。ポリウレタン製で空気を内包している。
ボディーの側面に貼られた「エアバンプ」。ポリウレタン製で空気を内包している。
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
ホームへ戻る