第482回:【Movie】今年はスマートがアツかった!
ファン感謝イベント「スマートタイムズ2016」報告

2016.12.30 マッキナ あらモーダ!

パレード参加は史上最多

2016年最後の「マッキナ あらモーダ!」は、動画編である。 
このところ、スマートの国内販売が好調で、前年比3ケタ増のセールスを続けているという。そのスマートの国際的なファン大会「スマートタイムズ」が、2016年8月26日と27日の両日、ドイツ北部ハンブルクでメーカー主催のもと行われた。

16回目となる今年は、スマートブランドの故郷であるドイツでの初開催となった。会場に選ばれた青果市場には3167人のスマートファンが集結。同車の生産拠点であるフランス・ハンバッハ工場の従業員たちも駆けつけ、交流を深めた。

2日目の目玉は、イベント恒例のパレード。例年通り、ダイムラーでスマート部門のトップを務めるアネッテ・ヴィンクラー氏が合図のピストルを鳴らすと、参加者たちは一斉にホーンで応えた。

このパレードには、2014年ポルトガル大会の1427台を上回る1635台が参加し、同イベント史上最多数を更新。まだ8月だったイベント当日は、気温が30度を超えていたが、興奮のあまりパレード走行中にサンルーフや窓から上半身をのり出している参加者も多く見られた。

ドイツのあるクラブメンバーは、1週間前にクラブ仲間と結婚したばかりだった。やがて、スマート家族の2世がイベントの主役となる日もおとずれるのだろう。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

【Movie】「スマートタイムズ2016」会場リポート


(撮影と編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

2016年8月26日、27日にドイツ・ハンブルクで開催された、スマートのファンイベント「スマートタイムズ」会場で。
2016年8月26日、27日にドイツ・ハンブルクで開催された、スマートのファンイベント「スマートタイムズ」会場で。
先代の「スマートBRABUS」が集う一角。
先代の「スマートBRABUS」が集う一角。
ドイツのスマート愛好会「ライン-ルール・スマート」のビルギットさんとグイドさんは、イベントの1週間前に結婚したばかり。
ドイツのスマート愛好会「ライン-ルール・スマート」のビルギットさんとグイドさんは、イベントの1週間前に結婚したばかり。
各参加国のクラブメンバーを乗せたスマートがステージ上に次々と登場。ダイムラーのヴィンクラー氏による軽快なアナウンスで紹介された。
各参加国のクラブメンバーを乗せたスマートがステージ上に次々と登場。ダイムラーのヴィンクラー氏による軽快なアナウンスで紹介された。
会場の特設ステージは、イベントの開催された2夜とも、さまざまなアトラクションやパフォーマンスで盛り上がった。
会場の特設ステージは、イベントの開催された2夜とも、さまざまなアトラクションやパフォーマンスで盛り上がった。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事