スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売

2016.12.26 自動車ニュース
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。

スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。

「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。
「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。

特徴はフロントマスクと上質な内装

今回新たに追加したスペーシア カスタムZは、迫力のあるフロントマスクと上質な内装を特徴とする。外装はエンジンフードの位置を高くしたほか、専用の大型メッキフロントグリルやフロントバンパーなどを装備することで、存在感のあるフロントマスクを形成した。また、インテリアではブラックを基調に随所にチタンシルバーの加飾を施して上質感を演出した。

加えて外装では、前述のフロントマスクのほか、LEDフロントフォグランプや、ブラックメッキバックドアガーニッシュなども採用した。ボディーカラーは、新色のブリスクブルーメタリックなど全7色が用意され、ブラック2トーンルーフ仕様を含めると全10パターンから選択できる。

内装は、防眩(ぼうげん)式ルームミラーが備わるほか、ターボモデルではチタンシルバーガーニッシュ付きの本革巻きステアリングホイールも装着される。

また、前後左右4カ所のカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付きメモリーナビゲーション」や、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」などもオプションとして用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • カスタムZ(FF):149万0400円/(4WD):161万1360円
  • カスタムZターボ(FF):159万8400円/(4WD):171万9360円

ブラックの内装色を標準化

一方、一部仕様の変更が施されたスペーシアシリーズは、標準のスペーシア全車でブラックの内装色が標準とされた。「スペーシアX」の、ボディーカラーがクリスタルホワイトパールか、ホワイト2トーンルーフ仕様を選択した場合は、内装色をベージュにすることもできる。また、ボディーカラーは新色のブリスクブルーメタリック、フェニックスレッドパール、アーバンブラウンパールメタリックを含めて全8色が設定され、ホワイト2トーンルーフ仕様を含めると全12パターンから選択できる。

また、「スペーシア カスタム」では、内装の樹脂色がブラックに統一されたほか、「XS」「XSターボ」にはバックアイカメラが標準装備となった。

価格は「G」(FF)の127万4400円から、カスタムXSターボ(4WD)の184万2480円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スペーシア カスタムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア(後編) 2015.5.22 画像・写真 お化粧直しでアグレッシブに? 「スズキ・スペーシアカスタム」の姿を紹介。
  • スズキ・スペーシア(前編) 2015.5.22 画像・写真 ハイテク満載! 一部改良を受けた「スズキ・スペーシア」を写真で紹介する。
  • スズキ・エブリイ/エブリイワゴン 2015.2.18 画像・写真 より広く、便利になった「スズキ・エブリイ/エブリイワゴン」を写真で紹介。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る