ボルボP1800E(FR/4MT)

元祖 イケメン系ボルボ 2017.01.05 試乗記 北欧発のスポーツクーペとして1961年に登場した、「ボルボP1800」の最終モデルに試乗。クラシック・ボルボならではのドライブフィールと、半世紀を経ても変わらずに受け継がれる、このブランドならではのこだわりに触れた。

新車同然の1971年モデル

2016年の最後に乗ったボルボは、1971年型のP1800だった。
新車みたいなP1800に乗ってみませんか、というお誘いを受けて試乗させてもらったクルマは、ボルボ・カー・ジャパン木村隆之社長のマイカー。ボルボ・カー東京の東名横浜支店内にできたオールドボルボの整備工場“クラシックガレージ”が仕上げた一台である。

P1800は、1961年に登場した1.8リッターの2座スポーツクーペである。テールフィンを持つ全長4350mmの2ドアボディーは、60年代のマセラティを多く手がけたピエトロ・フルアの作。60年代前半のボルボといえば、ずんぐりした「120」シリーズ(アマゾン)の時代。突然変異のようなよそゆきのスタイリングをまとったワケは、このクルマがアメリカやヨーロッパの新たな輸出市場に照準を合わせていたからだろう。

イエテボリ工場が手一杯だったため、最初の2年間はイギリスのジェンセンモーターズで生産された。ジェンセンは高級スポーツカーメーカーだったが、P1800では品質管理に難があるとされ、1963年春からはスウェーデン生産に変わり、名前もP1800Sにあらためられた。Sは “Sverige”(スウェーデン)の頭文字である。

その後、68年にエンジンを2リッターに拡大したが、1800の車名は変わらず、1973年まで、トータルで4万7000台あまりが生産された。試乗車は1970年に登場した「1800E」。SUツインキャブに代えてEFI(電子制御燃料噴射)を備え、118psから130psにパワーアップしたP1800のファイナルバージョンである。

当時、ボルボはヤナセ系の北欧自動車が輸入していた。試乗車の新車時価格は249万円。一番安い「ポルシェ911」が385万円。「ロータス・ヨーロッパ」が216万円。「日産フェアレディZ」が100万円そこそこだったから、かなりの高額車である。

「ボルボP1800E」のインストゥルメントパネルまわり。レバー式のウインカーをはじめ、操作系で特殊な部分はない。サイドブレーキは運転席の左側に備わっている。
「ボルボP1800E」のインストゥルメントパネルまわり。レバー式のウインカーをはじめ、操作系で特殊な部分はない。サイドブレーキは運転席の左側に備わっている。
シートは黒のレザー製。後席の乗降を容易にするため、背もたれにはレバーで操作する可倒機構が備わっている。
シートは黒のレザー製。後席の乗降を容易にするため、背もたれにはレバーで操作する可倒機構が備わっている。
リアに装着された「1800E」のバッジ。同車は電子制御式燃料噴射装置を備えた、「P1800」の最終モデルにあたる。
リアに装着された「1800E」のバッジ。同車は電子制御式燃料噴射装置を備えた、「P1800」の最終モデルにあたる。
「P1800」は1961年から1973年まで生産されたボルボのスポーツモデルである。2ドアクーペの他、派生モデルとしてワゴンボディーの「P1800ES」が存在する。
「P1800」は1961年から1973年まで生産されたボルボのスポーツモデルである。2ドアクーペの他、派生モデルとしてワゴンボディーの「P1800ES」が存在する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。