第390回:24年ぶりのフルモデルチェンジ!
新型「コースター」のデビューに見るトヨタ変革の今

2016.12.29 エディターから一言
24年ぶりのフルモデルチェンジで登場した4代目「トヨタ・コースター」。2017年1月23日に発売される。
24年ぶりのフルモデルチェンジで登場した4代目「トヨタ・コースター」。2017年1月23日に発売される。

「TNGA」に見られる“ものづくり改革”に加え、社内体制の刷新など、矢継ぎ早に変革を推し進めるトヨタ。実に24年ぶりというマイクロバス「コースター」のフルモデルチェンジから、同社の変革の現状を読み解いた。

メガウェブで開催された発表会の様子。新型「コースター」の商品説明に加え、CVカンパニーの紹介も行われた。
メガウェブで開催された発表会の様子。新型「コースター」の商品説明に加え、CVカンパニーの紹介も行われた。
記者の取材に対応する、CVカンパニー CV製品企画の梁井康平氏。
記者の取材に対応する、CVカンパニー CV製品企画の梁井康平氏。
メディア向けの発表会の後には、顧客向けの商品説明会も行われた。
メディア向けの発表会の後には、顧客向けの商品説明会も行われた。

販売台数262万台の“一大勢力”

2016年12月22日、トヨタは小型バス、コースターの新型モデルを発表した。1963年に誕生したコースターのフルモデルチェンジは、なんと24年ぶり! 従来モデルは長年にわたり販売されながら、いまだに根強い人気を維持しており、販売も悪くなかったという。それでも新デザインの要望や、今後の観光ビジネスの活性化を見据えてフルモデルチェンジに踏み切ったのだとか。

東京・台場のメガウェブで開催された発表会では、クルマだけではなく「CVカンパニー」の説明も行われた。CVカンパニーのCVは、コマーシャル・ビークルを意味する。つまり商用車だ。トヨタは2016年4月に、社内を製品軸で細かく区分するカンパニー制度を導入した。7つあるカンパニーのうち、商用車を扱うのがCVカンパニーだ。

手がける車種としては、小型バスのコースターや商用バンの「ハイエース/レジアスエース」「プロボックス/サクシード」、トラックの「ダイナ/トヨエース」などだけでなく、「ランドクルーザー」や「ランドクルーザー プラド」といったSUV、それに「アルファード/ヴェルファイア」「エスティマ」「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」といったミニバンも含まれる。また海外生産される「タンドラ」「タコマ」「ハイラックス/フォーチュナー/イノーバ」などもそのラインナップとなる。2015年は262万台を販売しており、トヨタ全体の3分の1近くを占める一大勢力だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事