設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表

2016.12.27 自動車ニュース
新型「スズキ・スイフト」とスズキの鈴木俊宏社長。
新型「スズキ・スイフト」とスズキの鈴木俊宏社長。

スズキは2016年12月27日、コンパクトカー「スイフト」をフルモデルチェンジし、2017年1月4日に発売すると発表した。

1リッター直3直噴ターボエンジン搭載車の「RSt」。
1リッター直3直噴ターボエンジン搭載車の「RSt」。
「RS」系のグレードには、専用の空力パーツや切削加工の16インチアルミホイールなどが装備される。
「RS」系のグレードには、専用の空力パーツや切削加工の16インチアルミホイールなどが装備される。
パワーユニットには、新たにマイルドハイブリッドが設定された。1.2リッターエンジンとモーターアシスト機構の組み合わせにより、FF車で27.4km/リッター、4WD車で25.4km/リッターという燃費を実現している(いずれもJC08モード)。
パワーユニットには、新たにマイルドハイブリッドが設定された。1.2リッターエンジンとモーターアシスト機構の組み合わせにより、FF車で27.4km/リッター、4WD車で25.4km/リッターという燃費を実現している(いずれもJC08モード)。
「バレーノ」にも採用されている1リッター直3直噴ターボエンジン。102psの最高出力と15.3kgmの最大トルクを発生する。
「バレーノ」にも採用されている1リッター直3直噴ターボエンジン。102psの最高出力と15.3kgmの最大トルクを発生する。
「ハイブリッドRS」のインストゥルメントパネルまわり。
「ハイブリッドRS」のインストゥルメントパネルまわり。
ハイブリッド車と直噴ターボ車には、4.2インチ液晶のマルチインフォメーションディスプレイが搭載される。
ハイブリッド車と直噴ターボ車には、4.2インチ液晶のマルチインフォメーションディスプレイが搭載される。
メーターやエアコンルーバー、エアコンスイッチなど、インテリアの各部に丸をモチーフにしたデザインが取り入れられている。
メーターやエアコンルーバー、エアコンスイッチなど、インテリアの各部に丸をモチーフにしたデザインが取り入れられている。
トランスミッションの設定は多岐にわたり、ハイブリッド車にはCVT、ターボ車には6段AT、純ガソリン車にはCVTと5段MTが用意される。
トランスミッションの設定は多岐にわたり、ハイブリッド車にはCVT、ターボ車には6段AT、純ガソリン車にはCVTと5段MTが用意される。
新型「スイフト」のフロントシート。「RS」系のグレードには、専用のシート表皮が用いられている。
新型「スイフト」のフロントシート。「RS」系のグレードには、専用のシート表皮が用いられている。
従来モデルから大幅に容量が増したラゲッジルーム。寸法で見ても、奥行きが75mm、高さが15mm、幅が25mm拡大している。
従来モデルから大幅に容量が増したラゲッジルーム。寸法で見ても、奥行きが75mm、高さが15mm、幅が25mm拡大している。
新色の「スピーディーブルーメタリック」が採用された「ハイブリッドML」。
新色の「スピーディーブルーメタリック」が採用された「ハイブリッドML」。
スズキは新型「スイフト」の月間販売目標を3000台としている。
スズキは新型「スイフト」の月間販売目標を3000台としている。

マイルドハイブリッドや直噴ターボを設定

スイフトはスズキの世界戦略を担うグローバルモデルであり、2004年の発売以来(※)、全世界で累計530万台が販売されている。同社のBセグメントコンパクトとしては、2016年3月に新たに「バレーノ」が市場に導入されたが、スズキではスイフトを「(バレーノと比べて)よりスポーティーでパーソナルなコンパクトカー」と位置づけ、差別化を図っている。

今回発表された新型スイフトは、従来モデルから車両設計を一新。現行型「アルト」から導入が進められている軽量・高剛性の新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、動力性能と燃費性能の改善を図っている。

パワーユニットの設定も大幅に拡充しており、1.2リッター直4自然吸気エンジンに加え、同エンジンにモーターアシスト機構を組み合わせたマイルドハイブリッドシステムと、「ブースタージェット」と呼ばれる1リッター直3直噴ターボエンジンを採用。マイルドハイブリッド車ではJC08モード計測で27.4km/リッター(FF)という燃費性能を、直噴ターボ車では1.5リッター自然吸気エンジン搭載車に匹敵する動力性能を実現しているという。

このほかにも、運転支援システムとして単眼カメラと赤外線センサーを用いた「デュアルセンサーブレーキサポート」を初採用。「XG」を除く上位グレードには、状況に応じてロービームとハイビームを切り替えるハイビームアシスト機能や、ミリ波レーダー方式のアダプティブクルーズコントロールも用意される。

ラインナップは1.2リッター車が「XG」と「XL」「RS」、マイルドハイブリッド車が「ハイブリッドML」と「ハイブリッドRS」、直噴ターボ車が「RSt」の全6グレード構成。このうち、RS、ハイブリッドRS、RStの3グレードは、速度域の高い欧州の道路環境を想定したというショックアブソーバーやタイヤ、電動パワーステアリングコントローラーが採用されたスポーティーな仕様となっている。

価格は以下の通り。

  • XG:134万3520円(FF)/149万7960円(4WD)
  • XL:146万3400円(FF)/161万7840円(4WD)
  • RS:159万4080円(FF)
  • ハイブリッドML:162万5400円(FF)/177万9840円(4WD)
  • ハイブリッドRS:169万1280円(FF)/184万5720円(4WD)
  • RSt:170万4240円(FF)

※2004年以前にも国内外でスイフトという車名のモデルは販売されていたが、車名と車型が統一されたのは2004年にデビューしたモデルから。

設計の刷新で走りと燃費を同時に改善

新型スイフト最大のトピックは、先述の新世代プラットフォーム技術の採用である。特に同車については、バレーノと基本設計を同じくするBセグメント用のアンダーボディーが用いられており、屈曲のない滑らかなフレーム設計や、サスペンション部品を骨格の一部として使用する構造などにより、従来モデル比で30kg重量を軽減している。ボディーについても高張力鋼板、超高張力鋼板の使用率の向上などによる軽量化を実現。こうした改良の積み重ねにより、最も軽量なXGのFF/5MT車では、従来モデルより120kg軽い840kgの車両重量を実現した。

また、足まわりについては高い走行安定性と快適な乗り心地の両立を目指し、従来モデルから設計を刷新。路面の起伏にしっかりとタイヤを追従させるとともに、連続コーナーにおけるライントレース性を高め、快適性を損なうことなく走行性能を大幅に向上させたという。

パワーユニットは先述の通り、圧縮比の変更(12.0から12.5へ)などにより燃焼効率を高めた「K12C」型1.2リッターガソリンエンジンと、同エンジンにIGS(インテグレーテッドスタータージェネレーター)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様、バレーノにも設定のある1リッター直3直噴ターボの3種類で、ターボ車以外のモデルには、FFに加え4WDもラインナップ。トランスミッションはマイルドハイブリッド車がCVT、ターボ車が6AT。ガソリンエンジン車にはCVTと5MTの両方が用意されている(4WD車はCVTのみ)。

歴代モデルの特徴を受け継ぎつつ、大胆に進化

ボディーサイズは従来モデルとほぼ変わらず、全長×全幅×全高=3840×1695×1500mm(4WD車は全高=1525mm)、ホイールベース=2450mm。エクステリアデザインは従来モデルから「スイフトらしさ」を継承しつつ、より重心の低さや躍動感を強調したものとされている。具体的には、大開口のフロントグリルや張り出したフェンダーなどにより、力強さや存在感、安定感を表現。スイフト伝統のピラーをブラックアウトしたガラスエリアについては、リアドアハンドルをCピラーガーニッシュに配置することで、クーペを思わせるサイドビューを実現している。

また、RS系のグレードについては、専用意匠のフロントグリルや前後バンパー、サイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラー、リアフォグランプ、ブラック塗装と切削加工を組み合わせたツートンカラーの16インチアルミホイールにより、他のモデルと差別化。ボディーカラーは新色の「バーニングレッドパールメタリック」「スピーディーブルーメタリック」を含む、全9色が用意されている。

一方、インテリアについてはドライバーの操縦性を重視したデザインとなっており、ナビゲーションパネルやエアコンの操作パネルなどを運転席側に5度傾けて配置。スポーティーなDシェイプのステアリングホイールや、ホールド性と質感に配慮したという立体的な造形のフロントシートが標準装備される。

メーターは2眼式で、マイルドハイブリッド車と直噴ターボ車については中央に4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを搭載。RS系のグレードについては、シルバーの装飾やステッチ、専用のシート表皮などを採用している。

また、車内空間ではスペース効率の改善もトピックとなっており、前後席間距離が10mm、前席における左右乗員間距離が20mm拡大。ラゲッジスペースについては、従来モデルより55リッター大きい265リッターの容量を実現した。

月間販売目標は3000台。スズキは同車の市場投入を通し、登録車事業について「年間10万台の販売を維持できる実力をつけたい」としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る