第483回:“あの色”のモデルがナゼ売れる?
イタリアで人気の「パンダ」にまつわるトリビア

2017.01.06 エッセイ

街のパンダはベージュばかり

最近イタリアの路上を運転していて気付いたことがある。現行型である3代目「フィアット・パンダ」のボディーカラーについてだ。

ややグレーがかったベージュが、やたらと多いのである。

路上のクルマだけではない。かつて「アルファ・ロメオ・アルファスッド」のために建設された南部ポミリアーノ・ダルコ工場から陸送車に載せられてきた、できたてホヤホヤのパンダも、このベージュが多い。場合によっては荷台に積載されたすべてのパンダが、ベージュ色だったりする。

これは何かある。そう思ったボクは、早速フィアットのお膝元トリノの、あるディーラーに聞いてみた。

そのボディーカラー、正式名称は、コーヒーの色にちなんで「ベージュ・カプチーノ」という。選ばれる理由は単純だった。

「ベージュ・カプチーノは、追加料金が要らないカラーだから」

たしかにイタリア本国仕様の価格表をみると、ベージュ・カプチーノは「アランチョ・シチリア」と名付けられたオレンジ色とともに、追加料金ゼロである。ちなみに、メタリックカラーは550ユーロ(約6万7000円)、ソリッドカラーの一部は450ユーロ(約5万5000円)の追加料金が必要だ。

ここのところ、イタリアでよく見かけるベージュ・カプチーノの「フィアット・パンダ」。
ここのところ、イタリアでよく見かけるベージュ・カプチーノの「フィアット・パンダ」。
シエナ~フィレンツェ線を走る陸送車。積載している「パンダ」のカラーは、すべてベージュ・カプチーノだ。
シエナ~フィレンツェ線を走る陸送車。積載している「パンダ」のカラーは、すべてベージュ・カプチーノだ。
ベージュ・カプチーノの「パンダ」がブレイクしている理由は「追加料金ゼロ」だった。
ベージュ・カプチーノの「パンダ」がブレイクしている理由は「追加料金ゼロ」だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。