第138回:ハッピーなロードムービー2作と超怖いスリラー
冬休みに観たいクルマ映画DVD

2016.12.28 読んでますカー、観てますカー

アルファ&フィアットでイタリアを駆けぬける

イタリアが舞台だからアルファ・ロメオとフィアットで旅をするロマコメでどうだ! とまで単純な考えだったかどうかは知らないが、『ローマ発、しあわせ行き』は実際にそういう映画である。安易なようでもモノになってしまうのがイタリアというブランドの強みだ。

1年前に夫の浮気が原因で離婚したマギーは、反抗期の娘サマーを連れてイタリアにやってくる。20年前に住んでいた村のコテージに到着すると、隣人は当時の恋人ルカ。これだけで結末が予想できてしまいそうだ。

マギーは空港で借りた「フィアット・パンダ」を運転してきた。いくら予約を忘れたとはいえ、レンタカー屋にこんな古いクルマは置いてないはずだという当然の疑問は忘れよう。気にしていたら、この後の展開すべてで引っかかってしまう。

サマーは麻薬で捕まったボーイフレンドから身代わりで出頭してほしいと頼まれ、ニューヨークに帰りたいと思っている。だまされているのは明らかだが、恋する乙女は気づかない。ルカの家には、かつての恋人に会うためローマ行きを企てる老母がいる。利害の一致した2人は、ガレージにあった「アルファ・ロメオ・スパイダー デュエット」を持ち出して逃走する。マギーとルカはパンダで追いかけるしかない。

かくしてイタリアの美しい風景をバックに、2台の魅力的なイタリア車が走るシーンを撮影することになる。観光映画としても楽しめるわけだ。最後にはおなじみの三輪トラック「ピアッジョ・アペ」が活躍するから、イタリアンのフルコースである。

マギーを演じるのは、『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。彼女のことを「鼻の大きい女」と形容するセリフが出てくるが、本人は納得しているのだろうか。ルカの老母は往年の美人女優クラウディア・カルディナーレで、歳月の力を感じることができる。

『ローマ発、しあわせ行き』(DVD)
『ローマ発、しあわせ行き』(DVD)
「アルファ・ロメオ1600スパイダー デュエット」
「ジュリア」系のオープンモデルとして1966年に登場。初期モデルは丸みを帯びたボートテールを持っていた。1970年からはリアスタイルをコーダトロンカに変更。その後も2度のマイナーチェンジを行い、1993年まで生産された。
「アルファ・ロメオ1600スパイダー デュエット」
	「ジュリア」系のオープンモデルとして1966年に登場。初期モデルは丸みを帯びたボートテールを持っていた。1970年からはリアスタイルをコーダトロンカに変更。その後も2度のマイナーチェンジを行い、1993年まで生産された。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事