「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)

2016.12.29 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「マセラティ・レヴァンテ」。マセラティ初のSUVを谷口はどう評価するのだろうか? 350psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載するスタンダードな仕様に試乗した。

 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像

「カイエン」や「X6」とはだいぶ違う

今回、谷口信輝に試乗してもらったのはマセラティ初のSUVとして注目されているレヴァンテ。同社のミドルクラス・サルーンである「ギブリ」をベースにして全高を持ち上げ、車内スペースとロードクリアランスを拡大してSUVとしての使い勝手を実現したモデルだが、乗り味やデザイン面ではギブリに代表される最新のマセラティテイストが味わえると評判のクロスオーバーである。

今回、テストしたのは3グレードあるなかで一番スタンダードな“レヴァンテ”だが、3リッターV6ツインターボエンジンは350psと500Nm(51.0kgm)を発生。電子制御多板クラッチ式の4WDシステムと組み合わせ、0-100km/h加速6.3秒、最高速度243km/hのパフォーマンスを実現している。価格は1080万円だ。

いつものワインディングロードで試乗した印象はどうだったのか? 早速、谷口に語ってもらおう。
「クルマの位置づけとしては、『ポルシェ・カイエン』や『BMW X6』とかとはだいぶ違うところにいますね。ちょっと腰高な感じで、足まわりが少しフワンフワンしている。コーナーでハンドルを切ればもちろんちゃんと曲がりますが、ボディーの動きはそれなりにあって、スポーティー方向に振っているという感じはあまりしませんね」

「乗り心地は全然悪くないですよ」と谷口は続ける。
「きっと街中とかで乗ったら快適だと思います。ただし、ワインディングロードを走っていると、クルマの上側と下側の間にクッションが1枚入っているみたいな感じ。だから、ライバルはカイエンやX6じゃなくて、もっとオフロード性の強い『ランドローバー・レンジローバー』に近いって感じかな。あとは、ほら、あのクルマ。えーと、なんだっけなあ。えーと、“オードトワレ”みたいなSUV……」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴァンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る