「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)

2016.12.29 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「マセラティ・レヴァンテ」。マセラティ初のSUVを谷口はどう評価するのだろうか? 350psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載するスタンダードな仕様に試乗した。

 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像

「カイエン」や「X6」とはだいぶ違う

今回、谷口信輝に試乗してもらったのはマセラティ初のSUVとして注目されているレヴァンテ。同社のミドルクラス・サルーンである「ギブリ」をベースにして全高を持ち上げ、車内スペースとロードクリアランスを拡大してSUVとしての使い勝手を実現したモデルだが、乗り味やデザイン面ではギブリに代表される最新のマセラティテイストが味わえると評判のクロスオーバーである。

今回、テストしたのは3グレードあるなかで一番スタンダードな“レヴァンテ”だが、3リッターV6ツインターボエンジンは350psと500Nm(51.0kgm)を発生。電子制御多板クラッチ式の4WDシステムと組み合わせ、0-100km/h加速6.3秒、最高速度243km/hのパフォーマンスを実現している。価格は1080万円だ。

いつものワインディングロードで試乗した印象はどうだったのか? 早速、谷口に語ってもらおう。
「クルマの位置づけとしては、『ポルシェ・カイエン』や『BMW X6』とかとはだいぶ違うところにいますね。ちょっと腰高な感じで、足まわりが少しフワンフワンしている。コーナーでハンドルを切ればもちろんちゃんと曲がりますが、ボディーの動きはそれなりにあって、スポーティー方向に振っているという感じはあまりしませんね」

「乗り心地は全然悪くないですよ」と谷口は続ける。
「きっと街中とかで乗ったら快適だと思います。ただし、ワインディングロードを走っていると、クルマの上側と下側の間にクッションが1枚入っているみたいな感じ。だから、ライバルはカイエンやX6じゃなくて、もっとオフロード性の強い『ランドローバー・レンジローバー』に近いって感じかな。あとは、ほら、あのクルマ。えーと、なんだっけなあ。えーと、“オードトワレ”みたいなSUV……」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る