番外編:箱根の中心で謹賀新年を叫ぶ

2017.01.01 エッセイ
箱根はターンパイクの白銀展望駐車場にて、ご来光に浴す「ダッジ・バイパー」。
箱根はターンパイクの白銀展望駐車場にて、ご来光に浴す「ダッジ・バイパー」。

いよいよ始まった2017年! webCG最初の記事では、編集ほったと「ダッジ・バイパー」が、皆さまのもとに箱根の山からめでたいご来光をお届けいたします。 

前回紹介した、冷間時にボンネットに浮かぶ毒ヘビの図。心霊現象ではありませんのであしからず。
前回紹介した、冷間時にボンネットに浮かぶ毒ヘビの図。心霊現象ではありませんのであしからず。
帰郷していたので、今回は千葉は市川の実家から出発。いつの間にか大柏橋から市川インターのT字路(今は交差点)まで真っすぐこられるよう道が整備されていてびっくりした。便利になったものである。地元ネタで失礼しました。
帰郷していたので、今回は千葉は市川の実家から出発。いつの間にか大柏橋から市川インターのT字路(今は交差点)まで真っすぐこられるよう道が整備されていてびっくりした。便利になったものである。地元ネタで失礼しました。
撮影・取材で毎度おなじみの、ターンパイクの小田原料金所。昼は料金所の向こうに白銀山へと登る道が見えるのだが、冬の朝6時前は、ご覧の通り真っ暗である。
撮影・取材で毎度おなじみの、ターンパイクの小田原料金所。昼は料金所の向こうに白銀山へと登る道が見えるのだが、冬の朝6時前は、ご覧の通り真っ暗である。
「バイパー」のドアオープナーのスイッチ。よせばいいのに電気式で、これまた壊れる気配がぷんぷんである。
「バイパー」のドアオープナーのスイッチ。よせばいいのに電気式で、これまた壊れる気配がぷんぷんである。

正月はどうせ暇ですし……

さてさて。これで2017年が巳(へび)年だったらうまい口上のひとつでも用意できたのだろうが、あいにく今年は酉(とり)年である。このままでは読者の皆さまに、「なんだって2017年最初の記事が『ヘビの毒~』なんだよ?」と突っ込まれてしまいそうだが、その辺は記者が今年の年男であることに免じて許していただきたい。

もろもろのきっかけは、昨年末に発せられた編集長こんどーの「今年はどこも“初日の出”いかへんのか?」という質問だった。「今年は」もなにも、記者は別に、毎年日本のどこかからご来光をお届けしているわけではない。昨年初めて、連載特集の一環として九十九里に赴いただけである。
とはいえ健全なる独身男子の常で、1月1日に別段用事があるわけでもない。このままではどうせ寝正月なので、今年もちょっと出かけることとした。

行き先はずばり、箱根のターンパイクである。理由は、
(1)前回が海だったので今回は山がいい。
(2)「ダッジ・バイパー」はどうも海と相性が悪い。
(3)とはいえ高尾山は混む。筑波山は土地勘がない。
(4)そうだ、箱根に行こう。
といったものである。

調べたところ、箱根における日の出の時刻は午前6時50分ごろ。“ぴったり着”だと駐車スペースがなさそうなので、到着時刻は1時間ほどサバを読んで、朝4時ごろに実家を出ることとする。寒空の中で待つことになるが、大観山の休憩所は4時半から開いているので凍える心配はない。わが計画に抜かりなし。

それでも、出発時にいきなり「解錠したのにクルマのドアが開かない」というトラブルに襲われたものの、お百度参りのごとくドアオープナーのボタンを押し続けて難なく解決。キートラブル程度で動揺していては、このクルマのオーナーは務まりませんよ。ククク……。まあでも、そのうちにクルマ屋さんに見てもらおう。電装系のトラブルは、なんというか不気味なので。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「バイパーほったの ヘビの毒にやられまして」の過去記事リストへ
新着記事