BMW M4 GTS(FR/7AT)

史上最も痛快な“M” 2017.01.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。

“水”の力で500ps

世界限定700台。日本への割り当ては、イギリスと同じ30台。レーシングカー仕立てのM4が、M4 GTSである。

MotoGPのペースカーとしてデビューを飾り、市販モデルとしては2015年10月の東京モーターショーで世界初公開。2016年4月に国内発売されるや、1950万円という価格にもかかわらず、すぐに売り切れた。

すでに買えないクルマだが、年の瀬になって、1台の試乗車が配備されたという報を受けて、いそいそとBMWジャパンの地下駐車場へ赴く。

外観で最も“GTS”らしいのは、アルミとカーボンで建立されたリアウイングである。クーペボディーのフォルムが端正なだけに、正直言って、取って付けたように見える。

だが、このクルマの核心は、ウイングが付くトランクリッドの中にある。トランクの床板をめくると、水タンクと電磁ポンプが現れる。市販車としては世界で初めて、エンジンにウオーターインジェクションシステムを採り入れたのがM4 GTSである。

インテークマニフォールド内のサージタンクに、インジェクターから水を噴射して吸気温度を下げ、結果的に燃焼効率を高め、CO2も減らす。ノーマルM4クーペに載る431psの3リッター直列6気筒ツインターボを500psにまでパワーアップさせた立役者が、ボッシュ開発のウオーターブーストである。

「BMW M4 GTS」は、「BMW M3」の生誕30周年を記念して、全世界で700台の限定モデルとして販売された。日本市場には30台が導入されたが、すでに完売している。
「BMW M4 GTS」は、「BMW M3」の生誕30周年を記念して、全世界で700台の限定モデルとして販売された。日本市場には30台が導入されたが、すでに完売している。
トランクリッドにそそり立つ角度調整式のリアウイングは、ウイング本体がカーボン製、ステーがアルミ製となる。
トランクリッドにそそり立つ角度調整式のリアウイングは、ウイング本体がカーボン製、ステーがアルミ製となる。
「M4 GTS」の肝となるウオーターインジェクションシステムの水タンクは、トランクルームの床下に設置される。ふたをかぶせれば、通常のトランクルームとして使用できる。
「M4 GTS」の肝となるウオーターインジェクションシステムの水タンクは、トランクルームの床下に設置される。ふたをかぶせれば、通常のトランクルームとして使用できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M4クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る