クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M4 GTS(FR/7AT)

史上最も痛快な“M” 2017.01.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。

“水”の力で500ps

世界限定700台。日本への割り当ては、イギリスと同じ30台。レーシングカー仕立てのM4が、M4 GTSである。

MotoGPのペースカーとしてデビューを飾り、市販モデルとしては2015年10月の東京モーターショーで世界初公開。2016年4月に国内発売されるや、1950万円という価格にもかかわらず、すぐに売り切れた。

すでに買えないクルマだが、年の瀬になって、1台の試乗車が配備されたという報を受けて、いそいそとBMWジャパンの地下駐車場へ赴く。

外観で最も“GTS”らしいのは、アルミとカーボンで建立されたリアウイングである。クーペボディーのフォルムが端正なだけに、正直言って、取って付けたように見える。

だが、このクルマの核心は、ウイングが付くトランクリッドの中にある。トランクの床板をめくると、水タンクと電磁ポンプが現れる。市販車としては世界で初めて、エンジンにウオーターインジェクションシステムを採り入れたのがM4 GTSである。

インテークマニフォールド内のサージタンクに、インジェクターから水を噴射して吸気温度を下げ、結果的に燃焼効率を高め、CO2も減らす。ノーマルM4クーペに載る431psの3リッター直列6気筒ツインターボを500psにまでパワーアップさせた立役者が、ボッシュ開発のウオーターブーストである。

「BMW M4 GTS」は、「BMW M3」の生誕30周年を記念して、全世界で700台の限定モデルとして販売された。日本市場には30台が導入されたが、すでに完売している。
「BMW M4 GTS」は、「BMW M3」の生誕30周年を記念して、全世界で700台の限定モデルとして販売された。日本市場には30台が導入されたが、すでに完売している。拡大
トランクリッドにそそり立つ角度調整式のリアウイングは、ウイング本体がカーボン製、ステーがアルミ製となる。
トランクリッドにそそり立つ角度調整式のリアウイングは、ウイング本体がカーボン製、ステーがアルミ製となる。拡大
「M4 GTS」の肝となるウオーターインジェクションシステムの水タンクは、トランクルームの床下に設置される。ふたをかぶせれば、通常のトランクルームとして使用できる。
「M4 GTS」の肝となるウオーターインジェクションシステムの水タンクは、トランクルームの床下に設置される。ふたをかぶせれば、通常のトランクルームとして使用できる。拡大

足まわりはニュルブルクリンク仕様

ロードカー世界初、水噴射エンジンの走り心地やいかに。気負ってスタートすると、意外やフツーだった。そりゃそうだ。エンジン冷却に水噴射という手段を使っているのであって、水噴射がなにかドライバビリティーに変化をもたらすというものではない。師走の都心では、500psも試しようがないし。

ただ、師走の都心でも、アシの硬さはヒシヒシと伝わる。走りだすや、編集部Fさんが助手席で感嘆の声をあげたほどの硬さだ。M4 GTSは、ニュルブルクリンク北コースでBMW市販車史上最速の7分28秒を記録している。これはM4クーペより30秒速いという。

コイルとショックアブソーバーを一体化した4輪のコイルオーバーサスペンションは、車載工具で細かく調整が可能だが、ストックの状態では「道路交通」と「ニュルブルクリンク北ループ」用にセッティングしてある、と、トリセツに記載されている。タイヤは、「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」。要は、ニュルブルクリンク仕様で一般公道も走ってください、ということだろう。

それはいいのだが、ボクの場合、走りだすなりピットインしたくなったのは、シートが寝過ぎていて、前がよく見えないことである。運転席と助手席のイスは、カーボン製バケットシート。それをレザーでくるみ、アルカンターラ張りのクッションを載せた高級品で、座り心地はすばらしいが、フルバケットだから、背もたれの角度は変えられない。M4の補足版というカタチをとるトリセツは、「シート調整」から始まり、前端部4段階、後端部2段階の高さをドライバーに合わせてボルトで調整するようになっている。

一方、リアシートは軽量化のために省かれ、代わりに、宇宙人をはりつけにしたみたいなロールバーが組まれている。ことほどさように、GTSはサーキットユースに軸足を置いたクルマである。

試乗車のボディーカラーは、つや消しのフローズングレーメタリック。48万3000円の有償色となる。
試乗車のボディーカラーは、つや消しのフローズングレーメタリック。48万3000円の有償色となる。拡大
バケットシートの高さ調整ボルトと、サスペンションの調整工具は「GTS」のロゴ入りケースに収められている。
バケットシートの高さ調整ボルトと、サスペンションの調整工具は「GTS」のロゴ入りケースに収められている。拡大
カーボン製のフルバケットシートは、通常の「M4クーペ」のシートに比べて、50%以上の軽量化がなされている。公道では使用できないが、6点式シートベルトも付属する。
カーボン製のフルバケットシートは、通常の「M4クーペ」のシートに比べて、50%以上の軽量化がなされている。公道では使用できないが、6点式シートベルトも付属する。拡大
後部座席は取り払われ、ロールバーが組み込まれる。ロールバーと6点式シートベルトは「クラブスポーツパッケージ」として本国ではオプション扱いとなるが、日本仕様では標準装備される。床に設置されているのは、消火器を固定するためのステー。
後部座席は取り払われ、ロールバーが組み込まれる。ロールバーと6点式シートベルトは「クラブスポーツパッケージ」として本国ではオプション扱いとなるが、日本仕様では標準装備される。床に設置されているのは、消火器を固定するためのステー。拡大

スピードを増すほどに軽くなる

では、M4 GTSはサーキットに持ち込まないと楽しめないクルマなのか? そんなことはない。背中に高反発クッションを詰め、取りあえずシート合わせを済ませ、生き馬の目を抜くような早朝の首都高に飛び込むと、M4 GTSは実力の片鱗を見せつけた。

これまでのいろいろな“M”を知っていても、4000rpmからの3リッター直6ツインターボのパワーは、目からウロコである。7段DCTで7500rpmまでもってゆく速さもさることながら、風船が割れたみたいな回転の落ちがスゴイ。

ドライブモードは、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3つ。スポーツ以上では、スロットルレスポンスが過激なまでに鋭くなって、せり出し感が鬱陶しい。アクセルを戻せば、チタン製エキゾーストから雷鳴のようなバックファイアが轟く。そのため、ほぼずっとコンフォートモードで走ったが、それだって“ひとりサーキット気分”を楽しむには十分である。

車重は1600kg。M4クーペより30kg軽い。後席を撤去し、ボンネットをアルミからカーボンに換え、細かいところでは、ドア内側の引き手をストラップに換えるなどの軽量化の成果である。

実際、それはスペック倒れではない。スピードを上げれば上げるほど、M4 GTSは軽い身のこなしを見せてくれる。自在感が増すのだ。タウンスピードでは、時にあきれるほど硬いサスペンションも、高速域ではカドがとれ、乗り心地は好転する。

3リッター直6ツインターボエンジンは、ウオーターインジェクションシステムの採用により、通常の「M4クーペ」から69psと5.1kgmアップの最高出力500ps/最大トルク61.2kgmを発生する。0-100km/h加速はBMWの量産車として最速の3.8秒を誇る。
3リッター直6ツインターボエンジンは、ウオーターインジェクションシステムの採用により、通常の「M4クーペ」から69psと5.1kgmアップの最高出力500ps/最大トルク61.2kgmを発生する。0-100km/h加速はBMWの量産車として最速の3.8秒を誇る。拡大
4本出しのマフラーは、専用のチタン製。エンジン始動時などには、かなりの爆音を響かせる。
4本出しのマフラーは、専用のチタン製。エンジン始動時などには、かなりの爆音を響かせる。拡大
軽量化のため、ドアストラップはループ式を採用。「Mストライプ」のアクセントが施される。
軽量化のため、ドアストラップはループ式を採用。「Mストライプ」のアクセントが施される。拡大
車両全体では軽量化を実現しながら、ナビゲーションシステムなどの装備も軽視されていない。アルカンターラ仕上げのステアリングホイールは、“12時”の位置にオレンジのマーキングが施される。
車両全体では軽量化を実現しながら、ナビゲーションシステムなどの装備も軽視されていない。アルカンターラ仕上げのステアリングホイールは、“12時”の位置にオレンジのマーキングが施される。拡大

コレクターズアイテムとしても最強

ウオーターインジェクションのタンクに入れるのは、蒸留水である。消費量は当然、走り方次第で、トリセツにも記述はないが、5リッタータンクがカラになるのは、満タンフル給油5~6回後とか、およそ走行2000kmとか言われている。

水噴射ゆえの違和感は何もないと書いたが、ひとつあった。エンジンをきると、2~3分、トランクから音がする。ウオーターインジェクションの流路に残った水を回収する電磁ポンプの音である。今後、内燃機関はパワーとエコのために、もっといろんなものを噴射するようになるのか!? と考えると、頭が重くなるが、トランクの床板をはぐり、タンクにジョボジョボと水が戻っているのを見たら、このマシン、ちょっとカワイイと思ってしまった。

約350kmを走って、燃費は7.7km/リッターを記録する。最新の3リッター級高性能ユーロスポーツとしては大してよくないが、500馬力カーとしては立派である。

テールランプには、まだiPhoneにも採用されていない有機LEDが使われている。限られた販売台数は、そのパーツ供給がネックになったとも言われている。史上最も痛快なMは、コレクターズアイテムとしても最強のMになるかもしれない。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

サスペンションはフロント20mm、リア17mmまで低くセッティングすることができるほか、ダンピング特性も調整が可能。
サスペンションはフロント20mm、リア17mmまで低くセッティングすることができるほか、ダンピング特性も調整が可能。拡大
タイヤは専用の「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」を履きこなす。カーボンセラミックブレーキシステムも与えられている。
タイヤは専用の「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」を履きこなす。カーボンセラミックブレーキシステムも与えられている。拡大
アシッドオレンジに塗装されたフロントスプリッターは、写真の状態から50mmほど前にせり出すことができる。
アシッドオレンジに塗装されたフロントスプリッターは、写真の状態から50mmほど前にせり出すことができる。拡大
量産車としては世界で初めて採用された有機LED式のテールランプ。光源が平面であるため、全体を均一に発光させることができる
量産車としては世界で初めて採用された有機LED式のテールランプ。光源が平面であるため、全体を均一に発光させることができる拡大

テスト車のデータ

BMW M4 GTS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1870×1385mm
ホイールベース:2810mm
車重:1600kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:500ps(368kW)/6250rpm
最大トルク:61.2kgm(600Nm)/4000-5500rpm
タイヤ:(前)265/35ZR19 98Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)
燃費:--km/リッター(JC08モード)
価格:1950万円/テスト車=1998万3000円
オプション装備:ボディーカラー<フローズングレーメタリック>(48万3000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:3165km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:354.0km
使用燃料:46.1リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.7km/リッター(満タン法)/7.9km/リッター(車載燃費計計測値)
 

BMW M4 GTS
BMW M4 GTS拡大
 
BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】の画像拡大
 
BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
M4クーペBMW試乗記

あなたにおすすめの記事